栽培中のアスパラガスがダンゴムシに食べられている!

こんな時どうしたらいいのでしょう?

農薬をまいていいのか、迷ってしまいますよね。

そもそもダンゴムシって野菜も食べるのでしょうか?

調べてみました。

アスパラガス ダンゴムシ 農薬

ダンゴムシの生態

ダンゴムシはムシと名がついていますが、昆虫ではなく節足動物の甲殻類になります。

エビや、カニに近い動物ということになります。

暗い湿った場所を好み、集団で行動します。

植木鉢などの下に集まっているのをよく見かけますよね。

ダンゴムシって何を食べるの?

触るとくるっと丸くなるダンゴムシ、子供のころに遊んだ方もいるのではないでしょうか?

なんだか可愛らしい虫ですが、少し汚いところにもいるのを見かけます。

ダンゴムシっていったい何を食べているのでしょうか?

あまり、考えたことがありませんよね。

実は、ダンゴムシは枯れ葉、雑草、木くず、生ごみなどを餌とし食べてくれているのです。

そして、それを分解して糞として土に戻し、養分がたっぷりの土に肥やしてくれているそうです。

その肥えた土が野菜や植物を育ててくれるのですから、ダンゴムシは自然のリサイクルを自分の体で行っているんですね。

ダンゴムシがそんなことをしているなんて知りませんでしたよね。

しかし、益虫として大切にされるはずのダンゴムシなんですが、困ったことに食べるものがないと、農作物の葉や茎、特に新芽を食べてしまうのだそうです。

そのため、害虫として専用の駆除剤などもあるそうです。

スポンサードリンク

ダンゴムシの予防と駆除

身近な存在のダンゴムシですが、大切なアスパラガスを食べられてしまうのは困りますよね。

まずは、薬剤を使わず予防してみましょう。

ダンゴムシは酢のにおいを嫌いますので、木酢液や酢などをまいておくと近づけなくなります。

それでも被害が出るようならば、専用の駆除剤を使いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ダンゴムシが野菜を食べるなんて、驚いてしまいますね。

あまり農薬は使いたくないという方も多いでしょう。

まずは、酢による予防をしてみましょう。

予防できれば、それに越したことはありません。

できるだけ、農薬を使わずにアスパラガスを育てられるといいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク