食卓で胡麻和えなどの形で度々目にするいんげん。

そんな私たちにとっても大変身近ないんげんですが、皆さんはいんげんはどんな栄養を含んでいるのか、どんな調理を施せば栄養を余すことなく頂けるかご存知ですか?

ということで今回はいんげんの含む栄養といんげんの美味しい食べ方について調べてきましたので順に解説していきます。

ダイエット中の方は特に必見ですよ!

いんげん 栄養 調理

栄養

いんげんは実はとっても栄養たっぷりな食材です。

少しだけご紹介していきます。

いんげんには人体に必要な必須アミノ酸が驚くことにすべて含まれています!

さらに食物繊維はごぼうの2~3倍もの量含まれていて、そのため腹持ちが良く、便秘解消にも効果が見込め女性には非常に魅力的な食材と言われております!

さらにビタミンやミネラルも多く含むため、疲労回復や高血圧の予防、むくみ解消などにも効果が期待できます。

これだけでも凄い食材な感じがしてきますね。

加えて鉄分も多く含むため、貧血の予防にも効果が期待でき、さらに免疫力アップ・抗がん作用もあるそうで、まさにスーパー食材です。

スポンサードリンク

調理

先ほどご紹介したようにいんげんには沢山の栄養が含まれています。

ではそんないんげんの栄養を逃さないように食べるためにはどう調理するのが適切なのでしょうか?

いんげんはある程度下処理を施す必要があります。

まず筋を取るのですが、このときヘタのほうを折って引っ張ればきれいに取れるそうです。

次に茹で方についてですが、これは普通のえんどうまめと同じで大丈夫です。

ただ、最後に流水で冷ます際に水に長くあてすぎると色が悪くなってしまうため、そこは注意が必要です。

また、食べきれなかったいんげんを保存する際はラップなどをして野菜室に入れるか、茹でた後ならタッパーなどに入れて冷凍保存することも可能です。

冷凍の場合は一か月ほど保存することが出来るそうです。

まとめ

今回はいんげんのもつ栄養と調理の際のコツについて解説していきました。

ダイエットをしている方や便秘にお困りの方にとっては救世主になりうる食材ですね!

私もダイエットの際には活用したいと思います。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク