今回はいんげんについて調べてきました。

お浸しや和え物、炒め物など様々なものに合ういんげんですが、その旬は一体いつなのでしょうか?

そしていんげんには果たしてどんな栄養が含まれているのでしょうか?

そういったいんげんに関する知識をご紹介していきます。

いんげん 旬 いつ 栄養

先ずはいんげんの旬について解説していきます。

いんげんの旬は主に6~9月です。

一年に三回も収穫できることから『三度豆』という仇名がついているほど成長が速いそうです!

また、いんげんは非常に傷みやすく、さらに乾燥もしやすい食材のため、保存の際はポリ袋などに入れて野菜室で保存してあげる必要があります。

豆知識

ここでいんげんの“豆”知識をご紹介します。

いんげんいうその名は中国の明からの帰化僧である隠元隆埼が日本に持ち帰ったことが由来で、元々の原産地は日本から遠く離れたアメリカ大陸で、アステカ帝国の頃には既に税の物納品目にあったほど歴史が長い食材だそうです。

スポンサードリンク

栄養

さて、ここまでいんげんの旬などについてご紹介してきました。

ここからはいんげんの持つ栄養について解説していきます。

いんげんの主な成分はタンパク質、それに加え糖質も多く含んでいます。

注目したいのが、脂質をあまり含まないという点です。

さらにいんげんの苦みや渋みはサポニンという成分により作られているのですが、このサポニンは脂肪の代謝を促進する効果を持っています。

これらの効果に加えいんげん自体のカロリーの低さも相まっていんげんはダイエット食材としての効果が期待でき、女性にはおすすめです!

栄養を壊さないでいただく調理法

さあ、そんないんげんですが、どういった調理を施せば美味しくいただけるのでしょうか?

色々な調理法がありますが、栄養を壊さないでいただくにはやはりさっと炒め煮にするのが良いらしいですよ。

まとめ

今回はいんげんの旬や栄養価などについてご紹介しました。

栄養もたっぷりな上にカロリーも低く、まさにダイエット中の女性の味方といえる食材ですね!

ついつい食べ過ぎてしまう私でも安心です。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク