今回はいんげんの取り方について調べてきました。

筋が堅くて食べづらいしなかなかうまく取れない!

なんて苦手意識を持っている方もこれで安心です!

簡単に筋を取ることが出来ます。

いんげんを美味しく食べていきましょう。

いんげん 筋取り 必要 どこ 方法

いんげんの筋

いんげんは筋が堅くてそのままだと食べられない…。

そんなイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、実はスーパーなどで売られているいんげんのほとんどが筋なしのものなんです。

最近までは『筋なしいんげん』と表記してあったそうですが、筋なしが当然のものとなり表記されなくなっているそうです。

なので筋を取らなくてもいいことの方が多いらしいです。

筋取りについて

先ほど筋取りはいらないことが多いと説明しましたが、それでも取る場合もありますし、レシピには筋取りを表記しているものもあります。

今回は筋取りのコツについて解説していきます。

見分け方

いんげんに筋があるかどうかを見分けるには、まずいんげんの両端をぽきっと折ってみてこのときヘタに糸のようなものがついてきたらそれが筋です。

何もついてこずヘタだけとれた場合は筋なしのいんげんです。

筋なしであればヘタの部分を包丁で切り落としてしまうだけで大丈夫です。

スポンサードリンク

方法

次は実際に筋を取る際のコツについてです。

筋を取る際は、ヘタを下の方へ力を入れずにすーっと引っ張っていくとうまくとることが出来ます。

このとき力を入れたり早く引っ張ったりすると筋が途中で切れてしまうので注意が必要です。

ただし、筋がとてもやわらかいならそのまま食べられることもあります。

豆知識

筋の取り方について説明していきましたが、実は筋は食べられないだけで栄養が全くないわけではないんです。

逆に筋の部分には食物繊維がたっぷり含まれているので、食べられそうであれば出来るだけ食べてあげた方がいいですよ!

食物繊維は人体では吸収されず脂肪やコレステロールを体外に排出してくれる他、便秘解消にも効果が見込めるので出来るだけ食べてあげると良いでしょう。

まとめ

今回はいんげんの筋の取り方や見分け方について解説していきました。

筋なしのものが多いなんて驚きですね!

これは筋が苦手なわたしには非常に朗報でした。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク