にんじんといえば固くて茹で時間などに戸惑うことがあると思います。

そのため、にんじんを茹でる方法、茹で時間などについて解説していきたいと思います。

にんじん 茹でる 方法 時間

茹でる方法

基本事項

まず初めに、基本的に土の中で育った野菜などは、水から茹でるのが基本と言われています。

土から育つ野菜は基本的にでんぷんを含んでいることがあるため、水で時間をかけて火を通すことは、野菜自体が持っている素材本来の甘みを十分に引き出すことが出来ると言われています。

しかし、ここで注意点としまして、葉物類に関しましては、水が沸騰した状態から茹でないと、沸騰した時にはすでにしなった状態になってしまうこともあります。

逆に言えば、土の中で育ったにんじんやジャガイモ等に比べて、短時間で茹で上がるといった利点もありますね!

また、にんじんなどの固い野菜や大きな野菜の場合は、料理の用途に合わせて予めカットすることによって火の通りを早める事が可能です。

茹で方

まず初めに、水の分量から説明していきます。

水の分量はにんじんの量などにも影響されてきますが、一般的にはにんじんが全体に浸る程度の分量が最も良いと言われています。

多すぎの場合は沸騰までの時間がかかってしまうこともあり、逆に少なすぎる場合でも水の蒸発が速いため茹でられなくなるといった

こともあるため、にんじん全体がちょうど浸る程度が最適と言われています。

スポンサードリンク

茹で時間

茹で時間は、にんじんの場合は比較的に固い食材の為、厚めにカットしたもので、約15~20分程度かかると言われています。

上記の水分量で、15~20分程度茹でたら、竹串など、尖ったものでにんじんの中心部分を一度刺して火の通り具合を確認します。

この際にスッと柔らかい感覚で刺さった場合は、適切に茹で上がっている状態と言えます。

この際に固くてなかなか刺さらなかった場合にはもう少し待ちましょう。

また、カットした場合や切り方によって、にんじんの茹で時間に違いが出てくるので、最も良い方法としては、茹でている時に定期的に竹串などで刺して火の通り具合をチェックすることが大切です。

さらに、丸ごと茹でる場合には、栄養が逃げにくいなどの利点があるため、カットの方法などでも栄養価が変わってくる場合があるようです。

まとめ

今回はにんじんの茹で方、時間について解説させて頂きましたが、土から育った野菜は基本的に水から茹でるなど、他の様々な野菜にも応用が可能な情報も記載させて頂きました。

また、素材本来の甘みといった点では、料理の味や質についても大きく影響してくるため、時間をかけて水からじっくり火を通すことの大切さも伝えることができたと思います。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク