にんじん自体が掛かる病気は実はたくさんあると言われています。

また、適した環境や気候などで育てることが出来ない場合でも、にんじんが病気にかかってしまうリスクが増えてしまうと言われています。

そんなにんじんが掛かる病気や育てる環境などについても調べていきましょう。

にんじん 病気 葉

にんじんの病気の原因

にんじんは日光と涼しい気候が大事

にんじんは、日光と、程よく涼しい環境を好む「セリ科」の野菜です。

しかしながら、日光によって用土が乾燥した状態を長く放置してしまうと苗の成長が悪くなってしまいます。

さらに同じ場所で連作をしてしまうと、「連作障害」が起きてしまうと言われています。

一般的に、連作をする場合には、最低でも4年以上の間隔を開けることが必要と言われています。

保水力

にんじんは水はけがあるとされていますが、保水力の高い土壌を好むと言われています。

そのため、土壌の水はけがあまり良くないことによる病気の発生のリスクが高まる可能性があると言われています。

にんじんが病気の際に起こす主な症状

葉で確認できることが多い

基本的ににんじんが病気などを発生しているかの確認は葉で調べることが多いと言われています。

そのため、病気を発生している可能性がある葉を知っておく事で、病気かどうかを早くわかることが期待できます。

  • 葉が黄色になる
  • 葉が茶色っぽく変色している
  • 葉が黒色に変色している
  • 葉に白カビに近いものが生えている
  • 葉が萎れている
  • 葉が枯れている
  • 葉が目で分かるほど縮まっている

などが葉における病気の疑いがある症状と言われています。

また、根が腐っている場合や、株の成長が著しく悪い場合も病気の疑いがあるかもしれません。

それでは次に上記のような症状が出た場合にはにんじんがどういった病気にかかっている可能性があるのかをみていきましょう。

スポンサードリンク

にんじんのかかる病気

うどんこ病

うどんこ病の特徴として、葉に白い粉のようなものが現れるといった症状があります。

基本的にカビが原因で病気が進行すると葉が黄色に変色して枯れてしまうといった事があると言われています。

治療を試みる場合には薬剤による治療が可能とされています。

また、畑自体の排水計画を見直すととも大切と言われています。

葉枯れ病

葉枯れ病の症状としては、葉などが茶色っぽい色や黒色といった色に不規則に変色し、こちらもカビが原因とされています。

この病気を発病してしまうと、根の成長が悪くなってしまうや、葉が枯れてしまうなどといった症状があると言われています。

こちらも薬剤による治療が可能とされており、また、発病した葉を切り取ることが大切と言われています。

このように、基本的にはにんじんが発病する病気にはカビが原因とされています。

そのために、雨が続く時期などは、雨除けをすることや、湿気が多くなってしまう環境を作らない事が大切です。

まとめ

にんじんにはカビが原因とされる病気がいくつかありますが、どれも症状が葉で確認できる病気が多いため、湿気環境などにしないことや、雨除けなどの対策をしっかりするといった事が大切になってくると言えます。

また、にんじんのような「セリ科」には、連作障害が発生しやすいため、同じ場所に植えないといったことも心がける必要があると言われています。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク