にんじんはとても幅広い料理に使われていて、ヘルシーな食材だからダイエット食材としても食べられている方も多いと思われます。

しかし、「にんじんを食べ過ぎると太る」なんていう情報もチラホラ見かけることがあると思います。

ダイエット食材と太る食材では真逆ですよね。

そんな情報がたくさんある中で、今回は本当ににんじんを食べ過ぎると太ってしまうかを詳しく調べていきたいと思います。

にんじん 食べ過ぎ 太る

にんじんの基本的なカロリー

「にんじんを食べ過ぎると太る」などと言われてはいますが、実はにんじん自体のカロリーはかなり低カロリーで100g程度の一般的なサイズのにんじんで1本36kcal程度で、大きなサイズのにんじんで1本57kcalと言われています。

カロリーだけ聞くとやはり「低カロリーだしダイエット食材じゃん!」と思う方も多いと思います。

しかし、そこが落とし穴になる可能性があるのです。

それは「低カロリーだからいっぱい食べても平気」というところにあります。

これは他の低カロリーな食材にも言える事なのですが、重要なのは、「低カロリーの食材をどう調理するか」なんです。

にんじんと言えばかなり幅広い料理に使えるので、簡単な調理でおかずになってしまいますよね。

しかしその味付けなど次第で食欲を増進させてしまってはご飯が進んでしまったりして結局食べ過ぎちゃって太ってしまうといった状況になりかねないのです。

そのために、「にんじんを食べても太る!」といった様な情報が出回ってしまうのも仕方がないかもしれませんね。

にんじんの糖質

にんじんは実は、低カロリーなんですが、糖質が野菜の中では高い部類に入ると言われているんです。

そのために、あくまで野菜の中で高いだけなのですが、食べ過ぎてしまって太ってしまうといった可能性もあります。

また、「ごぼう」も糖質が高いと言われているため、ごぼう、にんじんの料理である「きんぴらごぼう」には注意したほうがよい可能性があります。

スポンサードリンク

にんじんでダイエットするには?

結果的に、にんじん自体が太る要因というよりも、食べ過ぎや、にんじんが万能でご飯が進むといったほうが大きな影響を与えると言えます。

しかし、低カロリーというのは良い条件ですし、糖質が高いと言っても、あくまで野菜の中で高い部類なので、実際そんなにたくさん食べることがなければ良いダイエット食材になると言えます。

ダイエット方法としてにんじんを取り入れる場合は、細切りにしてサラダに加えるや、茹でてスープなどに入れるなどといった用にうまく活用すればダイエット効果も期待できると言えます。

また、便秘改善などの効果もあると言われているので、適切な量の摂取は健康にも良いと言えます。

まとめ

ネット上で言われている「にんじんを食べると太る」といった内容の背景には、主ににんじんの調理方法だったり、糖質がほかの野菜に比べて少し高いといったことが要因となっているように思えます。

しかし、調理方法を考えて、適切な量の摂取の場合は、低カロリーでダイエット食材としてもかなり有用で、さらに便秘改善の効果も期待できるとメリットがかなり多く、中々良い食材のように思えます。

さらににんじんはとっても美味しいし、様々な料理に使えるので、アイデア次第でダイエット料理などもたくさんできると思います。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク