にんじんは野菜ですし、栄養もあり、健康的な食べ物として、様々なヘルシー料理やダイエット料理などの幅広い料理に使われていますが、何事にも「過ぎる」というのは良くなく、にんじんを食べ過ぎると下痢や腹痛を伴った症状が発生する可能性があると言われているのです。

健康的な野菜という印象があるために驚きですが、そういった症状になってしまっては、元も子もなくなってしまいますね。

一体どの程度食べ過ぎたら下痢や腹痛などの症状が発生してしまうのかについて詳しく調べていきたいと思います。

にんじん 食べ過ぎ 下痢 腹痛

にんじんの生食は危険!?

にんじんの生食による作用

にんじんは昔、生の状態で摩り下ろした汁になったものを飲むことによって、「下痢を抑制する」といった効果が期待されており、家庭でできる療法として使用されていました。

しかし、にんじんの生食には、消化不良を起こしやすいといったデメリットがあるのです。

そのため、にんじんを生食で食べる場合、消化器官が弱っている方や、元々強くない方などが食してしまうと、消化不良による下痢などといった症状が発生してしまうリスクが高くなると言われています。

また、加熱処理をしたにんじんのほうが、栄養の吸収率が上がるなどともいわれており、生食で食べる際には十分の注意が必要と言えます。

にんじんの適切な摂取量

にんじんには「βカロテン」と言われる栄養素が多く含まれており、こちらを取りすぎると「柑皮症」といった肌が黄色になってしまう症状が発生してしまうリスクがあると言われています。

そのβカロテンの一日の摂取量の限度は「20mg」と言われています。

にんじん1本に含まれるβカロテンは8.2g程度と言われており、単純計算でにんじん2本と半分程度の摂取が1日に摂取する際の適切な摂取量と言えます。

さらにβカロテンはビタミンAに変換されるため、赤ちゃんなどに影響が出てしまう可能性があるため、妊娠中の場合などは、適切な量以上の摂取は控えたほうがいいと言われています。

スポンサードリンク

人参を適量食べることによって得られるメリット!

ここまで、にんじんの食べ過ぎによる危険性について書かせて頂きましたが、にんじんは適量ならば、様々なメリットもあると言われています。

次に、そういったメリットについて調べていきましょう!

体調を回復させる

にんじんには、体調を回復させるミネラル、ビタミンが多く含まれているため、疲労の回復なども期待できます!

腸内環境を良くしてくれる!

また、にんじんには食物繊維も豊富に含まれているため、腸内環境を良くして、不要物を排出してくれて、便秘などの改善も期待できます!

女性に嬉しい美容効果

にんじんにある作用として、抗酸化作用というものがあり、年を取るにつれて増えてきてしまう「しわ」「シミ」を予防する効果が期待できると言われているので、美容のために食べるというのもありですね!

まとめ

にんじんには、生食による「消化不良」や食べ過ぎによる「柑皮症」といったデメリットもありますが、適量を食べた場合に得られるメリットも多く、便秘改善やシワ、シミの予防などもかなり嬉しいものです。

きちんと適切な摂取量を守っておいしく頂くことが大切ですね!

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク