にんじんにはβカロテンなど、たくさんの栄養素を含んでいると言われています。

しかし、にんじんの調理方法などによってその栄養の吸収率が変わってしまうと言われています。

せっかくたくさんの栄養を取ろうと思っても、知らずに栄養をあまり吸収できていない状態では、勿体ないですよね。

そこで、一体どういった調理方法などで、栄養の吸収率が変わってくるのかを調べていきましょう。

にんじん 炒め すりおろし 栄養 圧力鍋 レンジ

炒めたりレンジによる加熱は平気!?

壊れにくい栄養素

一般的に、野菜の調理などを行う際に、火で加熱する調理方法は栄養が壊れやすいといった印象を持っている方も少なくないと思います。

しかしながら、にんじんが持つβカロテンと呼ばれる栄養素は、ボイルや油と一緒に炒めるといった方が、かえって栄養の吸収率が高くなるという情報があるようです!

にんじん自体が火などによる加熱に強く、あまり心配する必要がないとのことです。

かといっても、にんじんに入っているビタミンCという栄養素は壊れてしまいます。

しかしこれも、にんじんの主な栄養素はβカロテンであることや、元よりにんじんに含まれるビタミンCという栄養素は、野菜の中でもかなり少なく、あまり壊れるなどの心配をする量のビタミンCを含んでいないと言われています。

そのため、にんじんを調理する際には加熱などの炒め物やレンジによる加熱も問題ないと言われています。

すりおろしで栄養が増える!?

すりおろしで増える「酵素」

にんじんを生で食べることが一番栄養をとれると思っている方もいると思いますが、実はすりおろすとさらに栄養を摂取することが出来ると言われているのです。

にんじんをすりおろすことによって摂取できる「酵素」とは、本来すりおろさずに食べると体内の外に排出されてしまうことが多いとされていますが、すりおろすことによって細胞の膜がとれて、細胞内の酵素が溢れ出し、酵素が活性化されていくと言われています。

酵素を摂取することによって、栄養の強化をしてくれて、体内酵素をさらに活性化してくれるといったメリットが生まれます。

次に、すりおろす際のポイントをみていきましょう。

皮を向かずにすりおろす!

栄養素や酵素は本来皮に近い場所に多く含まれていると言われています。

そのため、農薬を使っていない野菜などを選んで、綺麗洗って、皮ごとすりおろすことでより多くの栄養が取れることが期待できます。

すりおろしたら早く食べる!

すりおろしてから酵素は徐々に減少していってしまうので、すりおろしたらなるべく早く食べることを心がけると良いと言われています。

すりおろしたら生で食べよう!

酵素自体が熱に弱く、50度程度で破壊されてしまうため、酵素を摂取したい方は、加熱などをせずに生で食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

圧力鍋は万能!?

圧力鍋でにんじんなどを調理する場合は、一気に圧力によって蒸気で蒸かすことが可能なので、にんじんの持つ栄養をほとんどと言っても過言ではないほど壊さずに調理することが可能と言われています。

そのため、お湯などで地道に温度が変化していく環境でビタミンなどを破壊するよりも圧力鍋のほうが栄養を保ったまま熱する事ができる可能性が高いと言われています。

まとめ

様々な調理方法による栄養の吸収率などの違いをみていきましたが、どれもあまり壊すことなく、「すりおろし」などは特に酵素を増やせるといったメリットが期待できることがわかりました。

他にも様々な野菜によって栄養素がかわり、さらにその栄養素によって熱に強い弱いなどがあるので注意して栄養をなるべく吸収できる調理方法を見つける事が大切と思います。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク