にんじんには、様々な体に良い栄養素が含まれているため、免疫力の向上や、便秘の改善といった健康に良い事をもたらしてくれると言われています。

さらに、にんじん自体は、甘みがある味をしているため、温野菜や、赤ちゃんの離乳食にも大活躍できると言われています。

そんな栄養をたくさん含んだにんじんをレンジで作る温野菜や離乳食の作り方を紹介していきたいと思います。

にんじん レンジ 温野菜 離乳食 作り方

離乳食をレンジで作る

電子レンジを使う利点

電子レンジでにんじんを調理するのは、栄養素が水分に溶け出してしまうのを防いでくれるため、赤ちゃんの離乳食を作る上で、栄養がたくさん取れることはとてもうれしい事ですね!

さらに、火を使わないため、赤ちゃんがそばにいても比較的安全に調理ができるといった利点もあります。

調理方法

まず初めに、耐熱容器ににんじんとお水を少々加え、ラップなどで蓋をし2~3分程度加熱しましょう。

水を少々加えるのは、すりつぶす際に赤ちゃんが食べやすくなるほか、にんじん自体に水分があまり含まれていないことがあるので、電子レンジで加熱などをする際に、焦げてしまい発火などが生じる危険性もあるために、お水を少々加えることをお勧めします。

また、にんじんをあらかじめ細かく切ってから加熱するといった方法でも、にんじんの火の通りが良くなるといった利点があるため、時間がある場合にはあらかじめ小刻みにしておくと、短時間での加熱が可能と言われています。

レンジが鳴ったら、にんじんが入った容器を取り出して、ペースト状になるようにすりつぶしましょう。

この際にも、あらかじめ小刻みにしておいた方が楽にすりつぶすことが可能です。

すりつぶし終わったら完成です。

豆腐と一緒に

また、ペースト状にしたにんじんをさっと茹でた豆腐を一緒に混ぜて簡単なにんじんと豆腐の離乳食も作ることが可能です。

この際に豆腐を茹でる時間がないや、赤ちゃんがいて火を使いたくない場合には、電子レンジで約30秒加熱するといった方法でも可能です。

スポンサードリンク

温野菜をレンジで作る

レンジを使うことによるメリット

にんじんを温野菜にする際に、レンジでもできることから、お湯を沸かしてからやるといった手間が省けるほか、ビタミンをはじめとした様々な栄養素の破壊を抑えながら楽に調理ができ、また栄養をたくさん摂取できるといったメリットがあると言われています。

調理方法

まず初めに、にんじんなどの野菜をレンジで加熱する際は、耐熱容器を使います。

耐熱容器ににんじんを入れたら少量の水を加えて蒸気などが程よく抜けるようにやさしくラップをして加熱します。

この際に水を少量加えないと、甘い温野菜になりにくい他、水分が少ないにんじんは加熱による発火などが生じる危険性があるため、必ず水を少量加えるようにしましょう。

電子レンジに入れたら、にんじんの場合100gあたり500wで3分、600wで2分20秒ほど加熱して完成となります。

まとめ

にんじんに含まれるβカロテンや食物繊維といった様々な栄養素を取れて、ほんのり甘いにんじんは赤ちゃんの離乳食でも大活躍できることがわかりました。

また、温野菜を調理する際にも言える事ですが、電子レンジで加熱する際には少量の水を加えることを忘れずに、安全においしく調理しましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク