タイトルを見て「にんじんから火花!?」に驚かれた方もいると思いますが、実際に電子レンジなどでにんじんを加熱した際に火花が出ることがあると言われているのです。

そんなまさかの出来事ではありますが、にんじんからもし火花が出てしまった際の原因と対処法について調べていきましょう。

にんじん 火花 原因 対処法

火花は水分不足が原因!?

電子レンジによる加熱

発火する場合に、電子レンジなどで加熱している際に発火するといったケースが最も多くある情報で、その際に電子レンジが壊れたのかと思われる場合も少なくないと思いますが、これは、ほとんどの場合にんじん自体が発火してる可能性が高いと思われます。

一般的な発火までの経緯としてはにんじんの水分が少なく、そのまま電子レンジなどといった加熱機器で加熱され、元より少ない水分が加熱によってさらに少なくなっていき、にんじんの水分がなくなり、次第に焦げはじめ、さらに加熱を続けた場合に発火するといった可能性が非常に高いと言われています。

にんじん以外にも水分が少ない野菜には注意

上記のように、発火や火花が出てしまう主な原因は加熱した際に水分がなくなって発火してしまうため、にんじんを始め、様々な水分の少ない野菜で発火や火花が生じる可能性があると言われています。

例えば、カボチャやジャガイモ、サツマイモといった芋類も水分不足による発火の危険性があり、ごぼうなども可能性があるとされています。

このように、水分が少ない野菜を長時間にわたって加熱してしまうために発火や火花が生じるのが主な原因とされています。

スポンサードリンク

水分が少ない野菜の対処法

温める時間を短くする

基本的に、長時間にわたって加熱をしてしまうために、水分がなくなり発火に至るため、加熱時間を短くするのが良いと言われています。

一度に温めるのではなく、野菜の様子を見ながら短い時間で温めるのを繰り返すことで発火を抑えることが期待できます。

水を加える

これも、水分をさらに加えることによって野菜自体の水分不足や発火を抑えるといった方法で、電子レンジ等で野菜を加熱する際に、充分な量のお水を一緒に容器などに入れて温めるといった方法です。

こうすることによって水分不足による発火を抑える事が可能で、水分の少ない野菜でも、電子レンジによる加熱を安心してすることが可能と言われています。

まとめ

このように、主な発火や火花が生じた際には、電子レンジの故障よりも、野菜自体の水分不足によることがあるので、上記の様なにんじんや芋類または自分で「なんとなく水分が少ないかな」と思った食材を加熱する際には一度に長時間温めることを避けましょう。

お水を容器に入れてそこに食材を入れてから加熱するなどの方法をとってから加熱するように気を付けて調理をすることが大切です。

電子レンジはとても便利な機会なので、誤って発火などをしてしまっては残念なので注意して使いましょう。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク