どこの家庭の食卓にも欠かせない定番の野菜「にんじん」。

しかし、1本で買うよりも束になっているものでみなさん買われると思います。

しかも、一回の料理に使い切れず余ってしまいがちですよね。

そこで今回、にんじんの正しい保存方法について詳しく調べていきたいと思います。

にんじん ラップ 保存 方法

にんじんの保存期間や方法!

保存する際の最適温度

にんじんの最適な貯蔵温度は、基本的に0~5度の間と言われています

そのため、にんじんを保存する際は冷蔵庫での保存が適していると言われています。

保存期間

基本的に、にんじんの保存期間の目安となっているのは2週間程度と言われています。

大量に買い込んでも2週間以内には、食べたほうがいいと言われているので注意しましょう!

保存方法

にんじんを保存する際は、収穫前と同じ状態にすることによって長持ちすると言われています。

なので、何かしらの容器などを用意して、一本一本立っている状態にして保存しましょう。

また、ラップで一本ずつしっかりと包み込んで保存することによって長持ちする効果も期待できると言われています。

スポンサードリンク

ラップ以外で保存する場合

新聞紙を使う

にんじんは水分などは付着すると、その部分から傷んでしまう場合があるので、冷蔵庫などで保存する場合はまず初めに、水分が付着していないかを確認し、付着していた場合は拭き取りましょう。

そして、新聞紙などの水分を吸収してくれるものでしっかりと包み込んで野菜室等で保存しましょう。

水分を吸収できるものを使ったほうが良い理由としては、にんじんからでた水分なども吸収することによってにんじんの長持ちが期待できるなどといった事があるからです。

冷凍保存の場合

冷凍保存の場合は、まず初めににんじんを使う用途に応じてあらかじめカットしておきましょう。

カットが出来たらその後、固めに茹でて水を切ります。

そして、冷凍保存用の保存用袋などに入れて保存することが出来ます。

冷凍保存で保存する場合、少し手間が必要とされていますが、保存期間は大体1ヵ月から2ヵ月程度と、大幅に保存期間を延ばすことが出来ます。

まとめ

色々な料理に使えるからこそたくさん買ってしまいがちなにんじんですが、ラップをするなどは中々知られていないかもしれませんね。

また、ラップ以外にも、新聞紙を使った保存方法や、冷凍保存など、様々な保存方法を知ることが出来たので、皆さんも、正しい保存方法で、にんじんを長持ちさせて、美味しく人参を頂きましょう!

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク