どんな料理にも良く合うアスパラガス。

その切り方をメニューによって変えれば今よりもっと美味しくなるはず。

料理の種類によっては風味を楽しむもの、色合いを楽しむものや食感を楽しむものと様々です。

そのためにはその目的に合った調理法をすればもっと美味しくアスパラガスを頂けるようになります。

アスパラガス 天ぷら パスタ 切り方

アスパラガスの下処理

まずアスパラガスは根元が硬いです。

このため2cmほどカットして硬い部分は避けると良いでしょう。

その後はかまと呼ばれる三角形のガクの部分を包丁で取り除きます。

ここはピーラーを用いても簡単に取れます。

このほかに根元から4~5cmくらいの部分は皮が硬くなっているため取り除くと食べやすくなります。

また、料理ごとにしっかり茹でたものを使ったり、硬めに茹でたものや、場合によっては生のまま調理するものもあります。

スポンサードリンク

料理に合ったアスパラガスの切り方

アスパラガスは料理のメニューに合わせて様々な切り方をすると、より一層美味しく食べる事が出来ます。

まず、炒め物や汁物に使う場合斜めにカットしていきます。

1~2cmほどのサイズで切ってあげると食感が楽しめます。

これをもう少し長くしてあげるとパスタ等に良く合うサイズになります。

コロッケやチャーハン等に使う場合には小口切りにしてあげると食べやすいです。

他の材料と同じ程度に大きさですが、その存在感は十分です。

長さ4~5cmに切り分け縦に短冊切りをしてあげるとサラダ等に良く合うサイズになります。

この他に長さを半分程度にしただけの切り方は肉巻きや天ぷらに最適な切り方です。

#アスパラ天ぷら

Teruko Nakamaさん(@angel_te)がシェアした投稿 –

まとめ

アスパラガスは茹でる、炒める、焼く、揚げるそして煮ると様々な料理に利用できますし、欠かせない食材となっています。

簡単な料理から手の込んだメニューまでその利用方法はこれからもどんどん増えていくでしょう。

そんな時、アスパラガスのどんなところを強調したいのか、どんな魅力を引き出してあげたいのか考えながら調理してあげるともっと美味しいアスパラガスを発見できるかもしれません。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク