ほうれん草に含まれており、聞き馴染みのない方も多いはずの‘クロロフィル’。

このクロロフィルとは、植物や藻などにも含まれているもので、緑色の色素を指します。

葉緑素とも言われているものです。

ほうれん草のクロロフィル含有量とは、一体どの程度なのでしょうか。

ほうれん草 クロロフィル 含有量

クロロフィルについて

クロロフィルは、植物が光合成をする際に無くてはならない物質です。

また、天然色素であるクロロフィルは、色の濃い野菜に多く含まれているのです。

このことから、ほうれん草には比較的多く含まれていることが分かります。

生活習慣病の予防に効果が期待できるとして注目されています。

ほうれん草に含まれるクロロフィル

ほうれん草のクロロフィル含有量は、100gあたり76.8mgとされています。

クロロフィルを効率よく摂取するためには、茹でたり炒めるなどして加熱処理をするか、細かくカットして食べるという方法がおすすめです。

加熱処理をすることで、クロロフィルを包んでいる細胞が壊れるためクロロフィルを摂取しやすくなります。

しかし、加熱時間には注意をしましょう。

クロロフィルの栄養素が破壊されてしまい、摂取をしても効果を得られる可能性が低くなってしまいます。

また、細かくカットすることによってもクロロフィルを包む細胞を壊すことが出来ます。

スポンサードリンク

クロロフィルの摂取量

サプリメントで摂取をする場合は過剰摂取となる場合が多く、問題視されています。

しかし、ほうれん草などから摂取をしたいと考えた場合、実際に摂取できるクロロフィルの量は適度な量となります。

クロロフィルを摂取するために、ほうれん草を食べるという事は正しい選択でしょう。

まとめ

クロロフィルには、血液の流れを良くし、動脈硬化などの病気を防ぐ効果が期待されています。

そのため、積極的に摂取したい成分ではあります。

ほうれん草には、他にも様々な栄養素が含まれています。

美容・美肌や体内から健康にしてくれる効果の期待できるビタミン類も豊富。

クロロフィル以外の効果にも期待して食べたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク