妊婦さんの30%が浮腫みに悩まされると言われています。

妊娠中は胎盤が圧迫されているために、

下半身が特に浮腫んでしまうので注意を払う必要があります。

そのような悩みを解消してくるのが、

身近にある食品のトマトが効果的だというのをご存知でしたか?

妊婦 浮腫み 塩分 トマト

カリウムは塩分を排出する役割がある

浮腫みの解消に役立つのが、食生活の見直しです。

中でも、積極的に摂取をしたいのがカリウムを含んでいる食品です。

なぜならば、カリウムは体内の塩分を尿として排出してくれる作用があるからです。

そのため浮腫みの解消に役立つことになります。

今回は、カリウムを多く含んでいる食品の中でも、

浮腫みに悩んでいる妊婦さんにおすすめしたいのがトマトです。

トマトを積極的に摂ることが出来る食べ方

1日に摂りたいカリウムの目安は、3500mgですが、

トマトジュースなら200g1缶で500mg摂れるようになります。

また、カリウムは加熱すると水分に溶け出す性質があるのですが、

トマトジュースならジュースごと飲めるので効果的に摂取出来ます。

また、トマトソースも汁ごといただけるようになるので、おすすめです。

積極的に摂りたい場合には、

生よりもこうした加熱されたものがより効率よく摂ることが可能です。

生で味わうのも、もちろん美味しいのですが、

食べ過ぎると身体を冷やしてしまう懸念があるので、適量にしておきましょう。

スポンサードリンク

トマトジュースなら無塩か自家製が最適

ただし、注意をしたいのが市販のトマトジュースには塩分が含まれているものが多いので、

無塩のタイプを選ぶようにしましょう。

塩分を排出することで浮腫みを解消することが出来るようになるので、

無塩タイプがよりおすすめです。

また、可能であれば、自分でトマトジュースを作れば、

塩分を気にせず飲むことが出来るので安心です。

まとめ

浮腫みを解消してくれるのがカリウム。

多く含んでいる身近な存在のトマト。

より有効な食べ方、飲み方を知って妊婦さんは浮腫みの悩みを解決して行きたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク