ほうれん草は、非常に多くの栄養を含んでいます。

旬の時期にはスーパーでも多く見かけ、価格も安いため食す機会も多くなりますね。

ほうれん草に含まれる栄養の中でも、苦味成分となっているものや、主に含まれる成分に関してまとめました。

ほうれん草 苦味 成分 栄養

ほうれん草の苦味成分とは

ほうれん草が苦いと感じる場合、ほうれん草に含まれているシュウ酸が除去されていないことによるものである可能性が高いのです。

これはほうれん草に含まれる酸であり、下茹でや水洗い、炒めるなど火を通すことで流れて行くため、味として感じることは少ないのです。

カルシウムと結びつくと結石などの病気の原因ともなる成分であるとされています。

大量に摂取をしなければ健康被害は起こらないとされていますが、味を落とす原因ともなるため、出来る限り除去しましょう。

ほうれん草に含まれる鉄分は特別?

ほうれん草は鉄分を多く含んでいるため、女性に嬉しい野菜であるというイメージも強い野菜です。

ほうれん草に含まれる鉄分は、他の野菜に含まれる量と比較しても多いと言えるでしょう。

実は、ほうれん草以上に鉄分が多く含まれる野菜というのは沢山存在します。

しかし、ほうれん草の鉄分が重要視されることには、他の栄養素も関係しているのです。

スポンサードリンク

豊富なビタミン類

ほうれん草には、ビタミンA,C,E,B1,B2と、様々なビタミン類が含まれています。

抗酸化作用のあるビタミンEは、アンチエイジングケアにも効果が期待できます。

こちらも、女性であれば特に注目したい成分ですね。

そして、美容効果が期待できるとして有名なビタミンCは、鉄分の吸収をサポートする効果も期待できます。

そのため、ほうれん草に含まれる鉄分は効率よく吸収でき、特別視されているのです。

まとめ

ほうれん草と言えばおひたしや和えものなど、日本では昔から食されていることで馴染みがあり食べやすい野菜でもありますね。

栄養価も高く、吸収されやすい点もポイントです。

折角含まれている栄養価を壊さないよう、長時間熱したり茹でることは避けるようにすると良いでしょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事