栄養素が多く、どの様な料理にも合わせやすいことから使用頻度も高い野菜であるほうれん草。

しかし、独特の苦味を感じる方も多いのではないでしょうか。

この苦味は、簡単に取り除くことが出来るのです。

苦味の原因や、苦味の取り方をまとめました。

ほうれん草 苦味 とる 方法

苦味の原因

ほうれん草を食べた際に、歯がきしむような感覚を覚えたことがある方も多いはず。

これは、ほうれん草に含まれている成分である‘シュウ酸’が原因です。

このシュウ酸が、人間の歯についているカルシウムと結合し、噛んだ際にきしむような感覚を覚えるのです。

苦味をとる方法

苦味は、シュウ酸をとる事で解決します。

その方法は、下茹でをすること。

ほうれん草をカットし、茎から茹でて行きます。

葉は最後に入れ、さっとお湯に通すようなイメージです。

あまり長時間茹でてしまうと、シュウ酸以外の栄養素も流れ出してしまうため注意をしましょう。

茹でた後は水で15分前後冷やし、絞るだけで苦味はなくなります。

茹でる手間を省くのであれば、水に浸すだけでもシュウ酸は溶け出します。

しかし、お湯の方が多く溶け出すため、一般的には下茹でを行うこととされているのです。

品種によっては、苦味が残りやすいものもあるため、100%とる事は不可能です。

しかし、少量であれば体に害のある成分ではなく、苦味も感じにくくなるため敏感になる必要はないでしょう。

スポンサードリンク

ほうれん草は生では食べられない?

一般的に下茹でをして苦味、シュウ酸をとるものであるとされているほうれん草。

サラダなどに使用されることは非常に少なく、生で食べることは無いというイメージですね。

どうしても生で食べたいのであれば、水でシュウ酸を流して使用すると安心でしょう。

しかし、生で食べても美味しく安全な野菜は沢山あるため、あえてほうれん草を生で食べる必要性はないと考えられます。

まとめ

色々な料理に使用出来るため、美味しい方法で取り入れたいですよね。

ほうれん草の苦味を取り除き、安全に美味しく頂きましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事