炒め物や鍋に入れても、お浸しや和えものなど、幅広く料理に活用できるほうれん草。

基本的に下茹でをするものであるとされています。

なぜ下茹でが必要なのでしょうか。

下茹でを行うことには、ほうれん草の持つ重要な成分が関係していたのです。

ほうれん草 下茹で 理由

ほうれん草に含まれるシュウ酸

ほうれん草の苦み・えぐみなどと言わている成分は‘シュウ酸’です。

これは、人間の口内に含まれるカルシウムと合わさることで苦みを発します。

シュウ酸を摂取しすぎてしまうと、体内でもカルシウムと合わさってしまいます。

これは結石の原因とされており、過剰なシュウ酸の接種には注意が必要なのです。

茹でることの効果とは

ほうれん草を茹でることによって、このシュウ酸を排出させる効果があるのです。

シュウ酸はお湯に溶け出し、これを捨てる事でシュウ酸を摂取せずにほうれん草を食べることが出来ます。

結石の原因にならないなど、体への影響だけではなく、苦みもなくなるためほうれん草を美味しく食べることが出来るのです。

また、野菜を育てる際に与える肥料として‘窒素肥料’というものが存在します。

見た目を美しくするためには必要な肥料であり、使用されることも多いものです。

しかし、この窒素肥料をしっかりと除去せずに食べてしまうと、非常に悪影響を及ぼします。

下茹でをする事で体内に影響がない量まで取り除くことも目的としています。

スポンサードリンク

加熱するだけでも良い?

ほうれん草の下茹でをする目的は、シュウ酸や健康に害のある肥料を溶かして除去するというものです。

そのため、電子レンジなどで加熱しただけでは苦みが残る可能性が高いのです。

しかし、茹でるのは面倒くさい作業ですよね。

その様な場合は、水に浸すだけでも溶け出し、除去する効果が期待出来ます。

およそ1分でも、2分の1程度まで除去することが出来るとされています。

まとめ

ほうれん草を1日に1kg以上摂取するのであれば、必ず下茹でが必要です。

しかし、それほどの量を摂取する方は居ないのではないでしょうか。

有害な成分であるかのように聞こえるシュウ酸ですが、大人が食べるのであれば過敏になる必要はないと言えるでしょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事