ほうれん草は通常下茹でをして食べるものですよね。

しかし、生で食べることは出来ないのでしょうか。

体への影響をまとめました。

ほうれん草 生 悪い

サラダ用ほうれん草と通常のほうれん草の違い

ほうれん草は、和え物や料理の材料としても重宝する野菜。

栄養価も高く、可能な限り摂取したい野菜ですよね。

しかし、一般的に火を通した調理が目立ちます。

サラダ用にほうれん草を用意したいと思った場合、購入後にレタスなどと同様にそのまま使用しても良いのでしょうか。

しかし、ほうれん草に含まれるシュウ酸がネックとなります。

火を通さずにシュウ酸の除去は可能か

ほうれん草に含まれるシュウ酸は、苦みの原因にもなります。

また、シュウ酸を摂取しすぎてしまうと、体にカルシウムを吸収しにくくなるなど、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

ほうれん草を食べるときには、カルシウムを多く含むチーズや、かつお節、オイルドレッシングなどと一緒に食べると良いでしょう。

シュウ酸自体が体内に吸収されにくくなる効果も期待できます。

しかし、結石などの原因とも言われているため、極端な多量摂取は控えたいですね。

下茹でをすることでシュウ酸を除去できると言われていますが、実は水でもシュウ酸の除去は可能です。

可能な限り細かくカットし、シュウ酸が溶け出しやすくしましょう。

20分程浸すだけで、シュウ酸は水に溶けだします。

そのため、ほうれん草を生で食べることも可能となるのです。

スポンサードリンク

新鮮なほうれん草を選びましょう

生で食べる予定であれば、新鮮なほうれん草を選ぶ必要があります。

新鮮なほうれん草は、苦みも感じにくいのです。

新鮮なほうれん草は、みずみずしく葉の色が綺麗で、張りがあります。

しおれていたり、葉が変色しているほうれん草は選ばないようにしましょう。

まとめ

ほうれん草は火を通して食べるイメージがありますよね。

しかし、生で食べる方法は、ほうれん草の栄養素を壊さずにしっかりと吸収することも期待できます。

特に暑い日には、ほうれん草サラダなども良いかも知れませんね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事