ほうれん草は涼しい環境で新鮮に育つ野菜です。

そのため、旬は冬であるとされています。

その様な中で、夏に販売されているほうれん草とは味や栄養価に違いがあると言われているのです。

違いが起こる理由は何故なのでしょうか。

また、どの程度の違いがあるのでしょうか。

栄養価や理由をまとめました。

ほうれん草 冬 夏 違い

旬の時期のほうれん草

ほうれん草は栄養価が高いことが有名ですね。

健康に気を使う方は、積極的に摂取しているのではないでしょうか。

旬の時期のほうれん草には、購入するメリットが多数あります。

まずは価格が安いこと、そして味や見た目の良さ、そして栄養価の高さです。

中でも一番注目したいポイントは栄養価ですね。

栄養価の違い

ほうれん草には様々な栄養素が含まれますが、その中のビタミンCは、冬のほうれん草の方が多く含まれています。

その量の差は、冬のほうれん草は60mg、夏のほうれん草は20mgと、約3倍の差です。

また、ほうれん草に含まれている鉄分やカロチンは、ビタミンCと同時に摂取することにより、さらに個々の効果が高まるとされています。

貧血の予防や、骨を強くする効果も期待できます。

スポンサードリンク

 何故違いが出るのか

夏に栽培されるほうれん草は、日照時間の長さから成長するスピードは速いのです。

そのため、十分に栄養が備わっていない状態で収穫されてしまいます。

冬に栽培されるほうれん草は、茎や葉が凍らないようにと、糖分を作り出します。

甘みもあり、栄養価も高い状態で収穫されるということです。

さらに旬の時期には沢山の農家が収穫を行い、ほうれん草も多く市場に出回ります。

そのため、価格も安くなるのです。

まとめ

旬のほうれん草の中でも、美味しいほうれん草の見極め方があります。

まずは葉の状態。

枯れていないか、みずみずしいかを確認しましょう。

そして、茎の下の色が綺麗なピンクであるものが新鮮で味も美味しく、栄養価も高いと考えられます。

折角ほうれん草を購入するのであれば、是非旬の時期のほうれん草を積極的に購入したいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事