ほうれん草は栄養価も高いため、是非子供にも食べさせたい食材ですよね。

しかし、子供は‘野菜’というだけで、毛嫌いをして食べてくれないことも。

また、大人は感じないような苦みも感じてしまう場合があります。

栄養たっぷりのほうれん草を子供に食べてもらえるような対策方法をまとめました。

ほうれん草 子供 嫌い 対策

組み合わせを考えましょう

ほうれん草をメインとするのではなく、別の料理にほうれん草を加えるという対策方法はおすすめです。

子供が好きなカレーに入れたり、チーズのリゾットに混ぜてみるなど、子供は喜んで食べてくれるはず。

ポイントは、ほうれん草の味が引き立たないメニューに混ぜることです。

調理方法には注意

ほうれん草は、加熱しすぎてしまうと栄養が損なわれてしまいます。

鍋に入れて食べさせることで、鍋のスープに溶けら栄養素も摂取することが出来ます。

カレーやシチューはおすすめです。

また、春巻きの皮に包むような調理方法もおすすめです。

春巻きの食感は子供にとって楽しいものです。

チーズやお肉と一緒に巻くと、大人も嬉しいおつまみとしても楽しめるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

細かくカットし気付かせないようにする

どうしても食べさせたいが、どうしても食べてくれないという悩みをお持ちであれば、子供が気付かないほど小さくカットしてみましょう。

細かくカットをすることで、栄養素も出やすくなるため一石二鳥ですよ。

ほうれん草を食べさせるための対策レシピ

カレーやシチュー、鍋は簡単に作ることも出来るためおすすめです。

クリーミーなグラタンに混ぜるのも良いかも知れませんね。

また、パイ生地を使用してキッシュもおすすめです。

ほうれん草だけではなく、様々な野菜を使用するため栄養価の高いレシピでもあります。

お好み焼きに混ぜてしまえば、ソースやマヨネーズの味に隠れて食べてくれるようになるでしょう。

まとめ

子供の好きなメニューにプラスをすることで、苦手意識を取り除くことが出来るのではないでしょうか。

無理やり食べさせるのではなく、美味しく食べてもらえるような対策を考えるようにしましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事