野菜チップスなどが流行し、野菜や果物を乾燥させておやつに食べる方も増えています。

実は、保存食として‘野菜を乾燥させる’という方法は好ましいのです。

傷んでしまうことなく、すべて使用できる方法として有効です。

また、太陽の下で乾燥させることで栄養価も増えるのです。

そんな乾燥野菜、中でも鉄分や葉酸を含んでいることで女性に人気のほうれん草の乾燥方法を紹介します。

ほうれん草 乾燥 作り方

栄養価が増える?

太陽の光を当てて乾燥させると、ほうれん草の栄養価は高くなります。

ほうれん草に限らず、野菜や果物の栄養価はそれぞれ約10倍以上になるとも言われています。

栄養を効率よく摂取し、栄養がもたらす効果も期待できますね。

マンションでも、ベランダなどで簡単に作ることが出来ます。

ほうれん草の栄養に注目をしていて、積極的に摂取をしたいと考えているのであれば、乾燥野菜を作って保存するということはおすすめの方法なのです。

スポンサードリンク

作り方

作り方は非常にシンプルで簡単。

まずは、ほうれん草をしっかりと水洗いし、菌や農薬などを洗い流しましょう。

ざるや、野菜を干す専用網に広げて置き、天日干しをするだけです。

日が落ちてからは、家の中で干しましょう。

夜間の湿気は乾燥ほうれん草を作る際には悪影響です。

乾燥ほうれん草を作る際のポイントは、第一に湿気に注意をする事なのです。

また、すぐに必要ではない限り、日照時間の多い時期に作ることもポイントです。

ざるを使用する場合には、虫が付かないようガードしましょう。

最近では100円ショップなどでも天日干し用の網が販売されています。

虫よけ効果もあり、比較的コンパクトなものが販売されているため、手軽に作ることが出来る点も魅力ですね。

まとめ

ポイントを押さえるだけで、とても簡単に作ることが出来る乾燥ほうれん草。

旬の時期にまとめて購入し、乾燥させておく事で旬を過ぎてしまっても好きな時に食べることが出来ます。

料理をする際に、少しのアレンジとして加えたいという場合にも重宝しますね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事