栄養満点で、子供から大人まで、好きな方も多い野菜ほうれん草。

しかし、食べた時に苦みを感じてしまい、あまり好んで食べないという方も多いのではないでしょうか。

そんな苦みの除去方法をまとめました。

ほうれん草 シュウ酸 除去 方法

苦みの正体

苦みの正体は、ほうれん草に含まれる‘シュウ酸’。

口内のカルシウムと結合し、苦みを感じさせます。

このシュウ酸は、カルシウムと結合する物質です。

そのため、体内のカルシウムを不足させる原因となったり、結石になる確率も高くなってしまいます。

シュウ酸を除去する方法とは?

ほうれん草に含まれるシュウ酸を除去するためには、水溶性物質であるシュウ酸を溶かして出してしまう事が効果的です。

ほうれん草は一般的に下茹でをして食す野菜です。

下茹でをする事で、シュウ酸がお湯の中へと溶け出し、苦みを除去する効果が期待できます。

この調理工程・調理方法は、苦みをシュウ酸を除去するために必要な工程だったのです。

スポンサードリンク

シュウ酸が尿路結石の原因になる?

尿路結石の石は、シュウ酸とカルシウムが結合することによって出来ます。

そのため、ほうれん草を食べすぎると結石が出来てしまうと言われているのです。

しかし、毎日1kg以上食べ続けた場合に結石が出来てしまう可能性があるという程度です。

毎日それほど多量のほうれん草を摂取するケースはないはずです。

そのため、ほうれん草を食べることに対しては過敏にならなくとも良いのではないでしょうか。

ただし、高齢になるにつれ、シュウ酸を体外へ出すことが出来なくなり蓄積して行きます。

そのため、50歳以上の男性であれば、ほうれん草の摂取量は意識すると良いかも知れません。

シュウ酸を含み、多量摂取は好ましくないとされる食品は、竹の子や紅茶など、ほうれん草以外にも沢山あります。

どの食品も、摂取する量を‘ほどほど’にしておくことで、病気を招くことは無いでしょう。

まとめ

シュウ酸は、ほうれん草の旨味を軽減してしまう原因にもなります。

下茹でを行うことでシュウ酸の苦みは感じにくくなります。

非常に簡単な工程であるため、忘れずに行いましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事