数ある栄養価の高い野菜、その中で鉄分が豊富であるとされているのがほうれん草です。

鉄分と言えば、牛のレバー(動物性ヘム鉄)などが有名ですね。

しかし、ほうれん草に含まれる鉄分(植物性非ヘム鉄)は、このレバーと同等なのです。

‘鉄分は摂取した方が良い’というイメージがありますが、その理由は何でしょうか。

ほうれん草 鉄分 多い

野菜の中でも人気のあるほうれん草

ほうれん草は、調理をすると苦みが少ないため、子供も食べやすい野菜です。

そのほうれん草に含まれる鉄分という成分は、単体で摂取をしても、ほとんど体には吸収されないのです。

さらに、ほうれん草に含まれる鉄分である‘非ヘム鉄’は体に吸収されにくい種類の鉄分です。

その鉄分を効率よく沢山吸収するためには、他の栄養素も重要です。

その栄養素は、たんぱく質もしくはビタミンC。

ほうれん草には、このうちビタミンCが含まれているのです。

そのため、鉄分を吸収しやすいとされています。

鉄分の効能

体内に鉄分が不足してしまうと、貧血を起こしやすくなります。

血液を安定させ、鉄欠乏性貧血を予防する効果が期待できるのです。

貧血などは特に女性に起こりやすいため、積極的にほうれん草を摂取したいですね。

スポンサードリンク

効率よく摂取するためには

もともとビタミンCを含むほうれん草は、含まれる鉄分も摂取しやすい野菜です。

しかし、コーヒーやお茶などと同時に摂取をしてしまうと、鉄分の吸収率を下げてしまう事に繋がります。

積極的に鉄分を摂取したいと考えている場合には、注意が必要です。

同時に摂取する物にも気を付けなければなりません。

まとめ

ビタミンCも含んでいるほうれん草は、肌にも良い効果が期待できますね。

ほうれん草は味の主張が少ないことから料理に加えやすく、レシピのアレンジ次第で様々な食べ方で楽しむことが出来ます。

しかし、時期により価格が高くなってしまう場合があります。

安い時期に購入し、茹でた後に冷凍をして保存しておくことがおすすめです。

使用したい時には栄養素を可能な限り壊さないよう、自然解凍をして使用しましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事