栄養価も高く、様々な料理に使用したいほうれん草。

しかし、ほうれん草の値段は徐々に高くなってきています。

何故ほうれん草を含めて、野菜の値段は高くなるという事が起こるのでしょうか。

その理由をまとめました。

ほうれん草 高い 理由

天気が関係している

当然のことですが、やはり値段が上がってしまう根本的な理由は天気によるものです。

台風が多く発生し、日本列島を横断することなど。

また、20日以上の雨を記録するなど、長雨の影響も受けてしまいます。

その結果、野菜は収穫できなくなり、量が減ることにより値段も高くなります。

日照時間の長さ

日照時間が長ければ、ほうれん草は元気に育ちます。

また、加えてほうれん草が育ちやすい適温であることも重要です。

しかし、雨の影響などで日照時間が短く気温が高い日が続くと、ほうれん草の育つスピードにも変化が起こります。

なかなか育たず、出荷時期までに十分に育たないといったことも起こるのです。

そして、出荷量が減り値段も上がってしまいます。

また、害虫などの発生により出荷数が落ちる場合もあります。

この様な場合は、高い値段になることは突発的であり、その後は購入しやすい価格へと変動します。

スポンサードリンク

小売店の努力

やはり‘ほうれん草は高い’というイメージを持たれてしまっています。

スーパーなどでは、購入しやすいよう努力をしている様子も見られます。

束を少なくすることで値段を抑えられるよう調節を行ったり、関連商品を近くに陳列するなど、ほうれん草を使用したくなるようなメニューの提案などの工夫を行っているのです。

まとめ

日照時間と天候は、ほうれん草が育つためには重要な事です。

しかし、台風や雨の日が多く日照時間が短くなることにより出荷量は減っています。

そのため、ほうれん草の値段が高くなってしまっているのです。

しかし、栄養価も高く料理にも使用しやすいほうれん草は購入したいですよね。

沢山のほうれん草が育つような気候が続いてくれることを願います。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事