キャベツは私たちの食卓にかかせません。

家族が多い人は1玉買っていく人も多いのではないでしょうか。

しかし気になるのは賞味期限です。

野菜には賞味期限が書かれていないのでいつまで大丈夫なのか分かりません。

そこで今回はキャベツの賞味期限について、また冷蔵庫で保存した場合はどうなるのかについてみていきましょう。

キャベツ 賞味期限 冷蔵庫

キャベツの賞味期限って?

葉野菜であるキャベツは傷むのが早いと言われています。

実際、キャベツの賞味期限はどのくらいなのでしょうか?

キャベツの賞味期限は?

キャベツの賞味期限は、保存方法によって異なります。

常温がならべく避けるようにしましょう。

冷蔵庫の保存が一般的です。

丸ごと1玉のキャベツをそのまま冷蔵庫に入れた場合の賞味期限は1週間程度となっています。

食べられない状態って?

まず、どの状態になったら食べることができないのか見ていきましょう。

キャベツが黒くなり始めていたらもう食べることができないと思う方がいるかもしれませんが、実は一部分だけであれば、黒くなった部分をカットして食べることが可能です。

しかし生はやめておきましょう。

黒くなった部分が広範囲になればもう食べられません。

また、異臭がしたりぬめりがある、汁が出てきてしまったという状態になると食べることができません。

冷蔵庫に保存したキャベツは1週間程度と紹介しましたが、このような状態になってしまったら1週間経っていなくてもすぐに処分するようにして下さい。

スポンサードリンク

冷蔵庫での保存はこう!

キャベツの賞味期限は1週間程度といいましたが、保存状態によってはもう少し長く新鮮な状態を維持することができます。

どのように保存すればいいのでしょうか。

キャベツはそのままの状態で保存しよう

キャベツを調理する時、カットして使っていませんか?

カットしてしまうと切り口から酸化してしまいます。

そのためキャベツを使用する時は1枚1枚外側から葉を外すようにして使用していきましょう。

そうすると、そのままの形がだんだん小さくなり新鮮なまま最後まで楽しむことができます。

ポイントは芯!

キャベツを保存する時にはまず最初に芯の部分をくり抜いて下さい。

キャベツの芯をくり抜かないと芯が葉の栄養を吸い取ってしまうため、すぐにしなしなになってしまいます。

なんと100円ショップに、キャベツの芯をくり抜く専用の便利グッズが販売されているんです。

便利グッズを使うと簡単にくり抜くことができるでしょう。

芯をくり抜いた後には濡らしたキッチンペーパーを詰めておきます。

その後キッチンペーパーや新聞紙、またポリ袋などに保存しておきます。

このようにして冷蔵庫に保存しておくと、賞味期限は2週間~3週間は持つようです。

まとめ

今回はキャベツの賞味期限について紹介していきました。

適切な方法で冷蔵庫で保存しておけば通常よりも長く保存しておくことができます。

しかしやはり、新鮮なうちに早く食べきってしまいましょう。

しかし知っておけば、安い時にもう1玉買うこともできますよね。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク