とんかつや生姜焼きなど、お肉に添えられる千切りキャベツが好きだという方は多いのではないでしょうか。

千切りキャベツは生のキャベツを使います。

キャベツっていつまで生で食べることができるのか知っていますか?

今回はキャベツの賞味期限について紹介していきます。

キャベツ 賞味期限 生

キャベツの賞味期限は?

ではまずは、キャベツの賞味期限についてみていきましょう。

形状によって賞味期限が変わる?

キャベツは1玉、1/2、1/4、またカットされた状態のものなど、様々な形状で販売されています。

賞味期限は販売されている賞味期限によって変わっていきます。

1玉の場合が一番賞味期限が長いです。

1玉の場合は2~3週間はもつといわれています。

1/2や1/4のような形状のものは1週間ほど、そしてカットされたものは2~3日が賞味期限だといわれています。

なぜこのように変わるのかというと、実はカットされたものは酸化が早いのです。

そのためカットされればされるほど酸化の進みが早くなり、賞味期限が早まるというわけです。

保存方法は?

キャベツは冷蔵庫に入れての保存をおすすめしています。

なぜならキャベツの保存に適した温度は0度~5度だからです。

冬であれば常温保存も可能ですが、基本的には冷蔵庫で冷蔵保存するようにしましょう。

スポンサードリンク

いつまで生で食べることができるの?

キャベツの賞味期限についてみていきました。

では、キャベツを生で食べることができるのはいつまでなのでしょうか。

キャベツは生で食べることができる野菜

野菜の中には生で食べることができる野菜があります。

キャベツもその一つです。

またキャベツは生で食べるのが一番栄養を摂取できるといわれています。

キャベツにはビタミンCが多く含まれており、さらにビタミンK、ビタミンU、食物繊維、マグネシウム、マンガン、リン、鉄、カリウムといったミネラルも多く含まれています。

キャベツにいかに栄養が詰まっているか分かるでしょう。

賞味期限は?

生で食べることができるキャベツですが、いつまでも生で食べることができるわけではありません。

生で食べる場合には、ならべく新鮮な状態で食べるようにしましょう。

特にいつまでといった日にちはないですが、シャキッとしている状態であるなら生で食べても大丈夫だといえるでしょう。

しなっていたら生で食べるのはやめ、加熱して食べるようにした方がいいでしょう。

まとめ

今回はキャベツの賞味期限、またいつまで生で食べることができるのかについてみていきました。

キャベツのサラダや千切りキャベツが好きな方も多いでしょう。

食べる際には今回紹介したことをしっかり覚えておいて下さい。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク