キャベツから雑巾のような生臭い香りを感じたことはありませんか?

なぜこのような臭いがするのでしょうか?

今回はキャベツの臭いの原因、そしてこの臭いを取るための方法を紹介していきます。

キャベツ 臭い 原因 取り方

キャベツの臭いの原因は?

キャベツのあの嫌な臭いの原因は一体何なのでしょうか。

イソチオシアネートが原因?

キャベツにはイソチオシアネートという成分が含まれています。

この成分発がんを抑制する効果があるといわれています。

イソチオシアネートは時間が経つと分解され、ジルメルスルフィドという成分になります。

この成分がキャベツの嫌な臭いの原因となっているようです。

どのキャベツからも臭うのではなく、新鮮さを失ったキャベツから臭います。

千切りキャベツは臭い!?

キャベツはカットすると新鮮さを失います。

そのため千切りキャベツが臭いと感じることが多いのです。

空気に触れることで、ジルメルスルフィドは発生しやすくなります。

カットした千切りキャベツはジルメルスルフィドによる臭いを最も感じやすいのです。

千切りキャベツはもちろんですが、カットされたキャベツも同じことがいえます。

ちなみに臭いと感じるキャベツは、少し臭いが気になるくらいであれば食べても害はないとされていますが、気になるようなら食べない方がいいでしょう。

特に生で食べる場合は注意して下さい。

スポンサードリンク

臭いを取る方法

臭いを取る方法はないのでしょうか?

カットしてしまったキャベツから臭いを取ることは不可能なのでしょうか?

キャベツの千切りの場合

カットし空気に触れることでにおいの成分であるジルメルスルフィドが発生すると言われている千切りキャベツ。

千切りキャベツの臭いを取るためには、切った後すぐ水につけておきましょう。

自宅で千切りキャベツをする場合は、食べる時間を考えてカットするようにするといいでしょう。

空気中に触れる時間が短いほど、ジルメルスルフィドは発生しにくくなり、おいしい千切りキャベツを食べることができます。

また千切りキャベツなど生でキャベツを食べる場合は、新鮮なキャベツを使用するようにしましょう。

加熱調理する

臭いが気になる場合、スープに入れる炒め物に入れるなどして加熱調理するようにしましょう。

加熱して他の食材と一緒に味付けすることで、ジルメルスルフィドの臭いを取ることができるでしょう。

まとめ

今回はキャベツの臭いの原因、そして臭いの取り方について紹介しました。

キャベツは新鮮なままおいしく食べて消費したいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事