キャベツの原産はヨーロッパです。

日本にキャベツが伝わったように、日本以外の海外でもキャベツは伝わり、多くの人に親しまれています。

今回はドイル、イギリス、フランスにはどのようなキャベツがあるのかみていきましょう。

キャベツ 種類 ドイツ イギリス フランス

ドイツのキャベツ

まずはドイツのキャベツを見ていきましょう。

ドイツではSweetheart Cabbage、Spring Cabbageと呼ばれているようです。

Spring Cabbage

ドイツ産のキャベツといえばSpring Cabbageです。

先端がとがっていて、なかなかユニークな形をしています。

Spring Cabbageは直訳するととんがりキャベツです。

ちなみにこちらのSpring Cabbageは、値段が高いようです。

しかし味が日本にあるキャベツと近い味のようで、海外に住む日本人に親しまれているようです。

イギリスのキャベツ

では次にイギリス産のキャベツを見ていきましょう。

イギリスは英語なので、Cabbageと呼ばれているようです。

Red Cabbage

イギリスでは日本よりもこのRed Cabbageがよく使用されているようです。

スポンサードリンク

Brussels Sprout

一口サイズのキャベツです。

長く伸びた茎の脇になる小さなキャベツの仲間です。

オーブン料理のサイドディッシュとして使用されることが多いです。

ころんとしたフォルムがかわいらしく、メインをよりおいしそうに引き立ててくれるでしょう。

フランスのキャベツ

最後にフランス産のキャベツを見ていきましょう。

フランスではChouと呼ばれているようです。

Savoy Cabbage

フランスのサボア地方が原産のキャベツです。

葉の表面が縮れているのが特徴となっているキャベツです。

そのためちりめんキャベツとも呼ばれます。

葉は繊維が固く、少し苦みがあります。

そのため生で食べるのにはおすすめしません。

スープや煮込み料理など料理に加え苦みを抑えてから食べるのが基本です。

まとめ

今回は様々な国のキャベツを紹介しました。

日本以外の国でもキャベツは親しまれています。

もし海外旅行などで海外に行くことがあれば、その土地の野菜を食べてみるといいでしょう。

日本とは違った姿形そして味で食の深さを知ることができるはずです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク