栄養価の高いことで知られているキャベツですが、実は胃や肝臓にも効果が高いとされています。

そこで今回はキャベツがなぜ胃や肝臓に効果が高いといわれているのかみていきましょう。

キャベツ 胃 肝臓 効果

キャベツは食べる胃腸薬!?

キャベツは胃に優しい食材です。

なんと食べる胃腸薬なんて言われているそうです。

どういったところでキャベツは、胃にとって効果が高いといわれているのでしょうか。

その理由はビタミンU

キャベツにはビタミンUが含まれています。

実はこのビタミンUが、傷ついた胃腸の粘膜に修復する効果が期待されているのです。

ビタミンUが含まれているため、胃を修復してくれる効果が高いといわれているようです。

そのためキャベツは食べる胃腸薬なんて言われているそうです。

胃腸薬を飲むよりもキャベツを食べた方が、胃にとって良い効果が期待されています。

胃もたれするなと悩んでいる方はキャベツを食べる習慣をつけるといいでしょう。

内側の葉が特に効果的?

キャベツの内側のぎゅっと詰まった葉の部分に、特にビタミンUが含まれているそうです。

また、キャベツを調理する時に切り落とされてしまうことが多い太い葉脈ですが、この太い葉脈も栄養価が高いそうです。

そのため千切りにするなどして、葉脈も食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

キャベツは肝臓の働きを促進する効果も

胃に優しいと紹介したキャベツは、肝臓にも優しい食材だといわれています。

実は飲み過ぎた人の2日酔いにも効果が高いといわれています。

どういった点が肝臓にとって効果が高いといわれているのでしょうか。

その理由はビタミンU

先ほど、胃にとってビタミンUの効果が高いそうですということを紹介しました。

実は肝臓にとっても、ビタミンUの効果が高いといいことがあるそうなのです。

ビタミンUが体内に入ると、肝臓内の余分な脂肪を代謝することができるといわれています。

余分な脂質を代謝する効果が期待されるので、肝臓内に脂肪が蓄積されにくくなるのです。

グルコミノレートが効果大!

グルコミノレートは肝臓内にある有害物質を分解してくれる効果があるといわれています。

そのため肝臓機能が高まるだけでなく血液の汚れをきれいにする効果もあるといわれているのです。

キャベツは生で食べるのが最も栄養が高いと言われていますが、実はこのグルコミノレートは生のキャベツからは摂取することができないといわれています。

おすすめの食べ方は酢キャベツです。

お酢をキャベツに加えるだけでグルコミノレートを摂取することができるようになります。

まとめ

今回はキャベツが胃や肝臓に良いということを紹介しました。

キャベツがいかに体に良い食材であることが分かったと思います。

積極的に普段からキャベツを摂取するようにしましょう。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク