様々な料理に使えるキャベツは、1年中手に入れることができることから、長年多くの家庭の食卓に欠かせない食材となっています。

キャベツは1玉、半玉などで販売されています。

家族が居る方は1玉で買う方が多いでしょう。

今回は、キャベツの保存方法について紹介していきます。

常温保存していいのでしょうか?

キャベツ  夏 常温

キャベツの保存方法

キャベツは1玉で買えば様々な料理に使うことができます。

しかし1度の料理にキャベツ1玉全てはなかなか使えません。

余ってしまったキャベツは、どのようにして保存したらいいのでしょうか。

常温保存について

キャベツはもちろん、他の食材でも保存方法の多くは常温、冷蔵、冷凍です。

キャベツを常温保存する場合は、何もせずそのまま置いておいてもOKですが、その場合早いうちに使い切らなくてはすぐに傷んでしまいます。

もし長持ちさせようと思うのなら芯をくりぬき、キッチンペーパーを濡らしくりぬいた芯に詰めていきます。

この芯をくりぬくという作業が、キャベツを長持ちさせるために重要です。

そして濡らしたキッチンペーパー、新聞紙などでキャベツを包みそのままポリ袋に入れておきます。

そうすることで、なにもせずに常温で保存するよりも長持ちさせることができるようです。

冷蔵保存について

実は、カットしてしまったキャベツは必ず冷蔵庫に保存しておかなければなりません。

冷蔵庫にキャベツを保存する場合は、まずざっと水で洗い水気を軽く残した感じで水を切っておきます。

そしてポリ袋に入れ、保存していきます。

冷凍保存について

冷凍保存することも可能ですが、キャベツのシャキシャキ感がなくなってしまうので、おすすめしません。

もし冷凍保存する場合は、カットしたキャベツを水で洗いしっかり水気を取っていきます。

そしてフリーザーパックに入れてしっかり空気を抜いてから冷凍庫に入れて保存しておきます。

スポンサードリンク

夏と冬でそれぞれ気を付けることは?

キャベツの保存方法について紹介しました。

では、夏と冬で同じ保存方法でいいのでしょうか。

また夏に常温保存は可能なのでしょうか?

夏の場合

キャベツを夏場に保存する場合は冷蔵庫での保存がおすすめです。

常温保存もできますが、常温の場合2日以内には食べきらないといけないと思っていてください。

しかし夏は野菜の腐るのが早いので、冷蔵庫に入れて置いたとしても早く食べきりましょう。

そのため夏にキャベツを買う時は1玉買うより半玉購入し、必要な時に購入するようにすると無駄にならなくていいと思います。

冬の場合

キャベツを保存しておくのに最適な温度は5度前後です。

そのため冬は常温保存が可能です。

しかし冬は暖房を付ける家庭が多いので、温かい部屋では常温保存しないようにして下さい。

冬にキャベツを常温で保存する場合は1週間は大丈夫のようです。

しかしできるなら早めに食べきるようにしましょう。

まとめ

今回はキャベツの保存方法について紹介していきました。

夏は常温保存には向かない、冬は大丈夫ということを覚えておきましょう。

また、どちらも早めに食べきることが大切です。

キャベツを買う前は、どの料理に使うか計画を立てて置くと無駄がなく、うっかり腐らせてしまうというもったいない事態を防ぐことができます。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク