キャベツには美容や健康に良いとされている成分であるビタミン類が豊富に含まれています。

このビタミン類は水溶性で水に溶け出しやすい性質を持っているので調理をする際には注意が必要です。

キャベツ ビタミン 水溶性

キャベツに含まれているビタミン類

キャベツに含まれているビタミン類は主に、ビタミンUやビタミンCです。

ただ、ビタミンUは正確には「ビタミン」ではなく、ビタミン様類と呼ばれており、ヒトの体内で体内で合成される事により、ビタミンの働きに類似した作用を持つことが出来る成分と言われています。

このビタミンU、「キャベジン」という別名があり、この別名の方がピンと来るかも知れません。

キャベジンはその名前がそのまま薬の名前に使われているぐらい有名な成分なのです。

その効果は摂取する事で胃酸の分泌抑制や胃腸粘膜の新陳代謝を促進させる効果があると言われています。

キャベツに含まれている主なビタミンのもう一つであるビタミンCは、ビタミン類の中でも特に有名な成分で、みなさんもよくご存知だと思います。

その作用は、体内でコラーゲンを合成する事が出来たり、細胞の老化を防ぐと言われている抗酸化作用、メラニンの生成を抑制してお肌のシミ・ソバカス防ぐといった美容効果が期待されています。

また健康面でも期待されている効果を多く持っており、コレステロールをコントロールしたり、貧血防止や解毒機能を促進する作用、疲労・肩こり・筋肉痛を解消するといった効果があるとされています。

スポンサードリンク

ビタミン類は溶けやすい

ビタミン類は大きく分けて水溶性、脂溶性といった特徴を持っています。

ビタミンUやビタミンCはこのうち、水溶性の特徴を持った成分です。

よって、長時間水にさらしたり、茹で汁を捨ててしまうような調理方法には向かず、せっかくの栄養素を損なってしまう原因となります。

その為、キャベツは生のままサラダで食べる事や、茹で汁もスープとして飲む事ができるような調理方法が望ましい野菜です。

まとめ

美容にも健康にも良いとされ、その効果に期待が持たれているキャベツ。

含まれているっかくの成分は特徴をしっかり理解して、無駄にせずに栄養素を取り込んで行きたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク