新鮮で美味しいキャベツを買いましょう。

スーパーなどで丸々一個を買う場合、春キャベツは巻きが緩やかで、葉が緑色のふわふわしたものが甘くて柔らかいです。

秋から冬のキャベツはぎっしり詰まった重みがあるもので、葉の色が濃いものがおいしいです。

芯は太すぎないものを選びます。

また芯の切り口がみずみずしいものが新鮮です。

半分にカットされたものなら、上記プラス、芯があまり長すぎないものが美味しいです。

長さは全体の2/3くらいが理想的です。

キャベツ 葉 病気

キャベツの葉がしおれた

キャベツを冷蔵庫にしまうときには、ラップで包むと鮮度が長持ちします。

外側の葉が萎れて黄色っぽく変色していても、病気ではありません。

洗って味噌汁やスープの具にしてください。

冷蔵庫に入れる場合は濡れたクッキングペーパーで包んでからラップをかけると、さらに鮮度が保てます。

葉っぱに黒い斑点ができてしまっても、食べられますが、気になるようでしてら、外側の葉だけ剥がして下さい。

また切り口が茶色く変色してしまうのはポリフェノールが酸化した状態です。

病気ではありません。

葉を黄色くしない方法は千切りにしてお水につけておきます。

スポンサードリンク

作物としてのキャベツの葉の病気

畑に実っている状態のキャベツの病気の見分け方です。

ピシウム腐敗病は葉の裏に白い斑点ができます。

これはカビです。

べと病は葉の縁にv型の斑点、葉脈は黒くなります。

ほっておくと玉全体がべとつき、痛んでいる臭いがします。

  • 黒腐病:葉脈に囲まれた部分が黄く変色
  • 灰色カビ病:不整形の病斑がでる
  • その他:黒斑病、黒斑細菌病

黒スス病はキャベツ以外の葉物でも見かけます。

  • 綿のような白いカビが株全体にはえる軟腐病
  • 結球が黒くなる金核病
  • 葉の下が黄色なり葉が落ちる萎黄病
  • 根こぶ病

上記のような病気があります。

まとめ

キャベツの葉の病気をまとめてみました。

雨がつづけばカビが生えますし、水が不足したら黄色く変色します。

普段スーパーで何気なく手にしているキャベツですが、随分手間暇かけて、育てています。

また出荷のさいも、キャベツは重いので、かなりの重労働です。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク