キャベツは消化を助けるという話をよく耳にしませんか?

とんかつやエビフライなどの揚げ物を注文するとよくキャベツが付け合せに出てきますよね。

揚げ物の合間に新鮮なシャキシャキとしたキャベツを食べるとどこかすっきりする気持ちになる方も多いのではないでしょうか。

キャベツ食べ放題がつくと嬉しいですよね。

揚げ物にキャベツの付け合せが多いのも消化を助けてくれるからなのでしょうか。

キャベツがどのように消化を助けてくれるのか調べてみました。

キャベツ 消化 助ける

消化を助けてくれる栄養素

ビタミンU

キャベツがもつ栄養の一つ、ビタミンU(キャベジン)は同じ名前の胃腸薬があることからもなんとなく消化にいいらしいということが分かります。

ビタミンUは、胃の粘膜を守ってくれる働きがあるようです。

Lーグルタミン酸

L-グルタミン酸もキャベツには多く含まれるといわれていて、この成分は胃潰瘍や十二指腸潰瘍の改善に効果があるとされているそうです。

ビタミンC

胃の粘膜の萎縮を抑えてくれる働きがあるのではないかといわれてています。

スポンサードリンク

摂取方法

ビタミンU、L-グルタミン酸、ビタミンCは、生で摂取したほうが多く摂取できるといわれています。

ぜひ予防の観点から生でよく嚙んで摂取したいですね。

ただ、もうすでに胃の調子が悪い方は、生の野菜を食べ、繊維質をとることで、消化に負担をかけてしまうかもしれません。

スープにして柔らかくしていただくなど消化によい調理法に変えてみてはいかがでしょうか。

また、キャベツは消化を助けてくれるということで、とんかつはキャベツと食べれば胃の負担が減るのでは?と考えてしまうかもしれませんが、油物は胃の負担になりますし、生のキャベツの食物繊維も弱った胃には消化の負担になることがあります。

体の調子がよい時に、たまに楽しむ程度ならよいかもしれませんが、病気の際は胃にやさしいおすすめの食べ物を、お医者様に相談してみるとよいかもしれません。

お子さんがいらっしゃる家庭ですと、小児科などで胃にやさしいおすすめの食事を表にして渡してくれる小児科もあるそうなので、そういった資料もぜひ参考にしてみてください。

まとめ

キャベツには消化を助けるよい栄養が含まれていることが分かりました。

生でいただいたり、蒸したり、スープにして汁ごといただくなど、栄養を効率よくとりいれる調理法を知っていると毎日無理なくキャベツの栄養を摂取できそうです。

胃の健康を保つためにもぜひキャベツを日々の食事に取り入れてみてください。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事