血液型ダイエットをご存知でしょうか。

一時期話題になったこともあるので、挑戦したことがある方、また実際に続けている方もいらっしゃると思います。

血液型によって自分に合う食事、運動など分かれば便利ですよね。

血液型ダイエットでは血液型別に適した食品が紹介されていますが、A型はキャベツをなるべく控えたほうがよいと紹介されているようなのです。

ではどういうことなのか調べていきたいと思います。

キャベツ A型 太る

血液型ダイエットとは?

簡潔にまとめると血液型別に体に合う食品や運動、性格の傾向などを提案しているダイエット方法です。

今回はA型のみ簡単に紹介しますが、ご興味のある方は、本もでていますので、ぜひご覧になってみてください。

A型におすすめの食品

A型は植物を主にとっていた農耕民族がルーツとされています。

そのため、穀物、野菜、果物がおすすめです。

玉ねぎ、ブロッコリー、オクラ、ほうれん草などの緑黄色野菜もおすすめとされています。

果物のおすすめは、ブルーベリー、パイナップル、グレープフルーツなど。

穀物については、白米、パスタ、キヌア、とうもろこしなどは、週に1~2度ほどならよいとされています。

おすすめは精製されていない穀物です。

また、かぼちゃの種やピーナッツなどもおすすめとのこと。

あまりおすすめしない食品

酢、マヨネーズ、ケチャップ、こしょう、コーン油、ゴマ油、ひまわり油なども控えるようにとのこと。

ピスタチオやカシューナッツ、ヒヨコ豆、インゲン豆なども推奨されていません。

さらに、野菜と果物類では、バナナとオレンジ、キャベツ、なす、トマト、じゃが芋、サツマイモなどは避けるようにとされています。

他にも避けるべき食品、たまにならよい食品などが紹介されています。

スポンサードリンク

なぜキャベツはよくないの?

キャベツがおすすめできない理由として、キャベツに含まれるレクチンがA型の消化器官に悪い影響を及ぼす可能性があるからということでした。

レクチンとは?

レクチンは「糖と結合するたんぱく質」とのことです。

この成分の働きとして、細胞を活性化し、風邪の予防、肌荒れの改善などに効果があるといわれているそうです。

まとめ

血液型ダイエットについては、科学的根拠に乏しいという意見もあったり、血液型ダイエットに基づいてまた新たな食べ方を提案されたりしています。

体は一人一人違いますから、結局は様々な情報から何が自分の体に一番合っているのか、自分の体と相談しながらすすめるのが一番なのではないかと感じました。

そのためにも記録をつけることは有効に感じました。

食習慣や考え方を変えるのは大変ですが、昨日より、1年前よりも半歩でも進んでいる自分に気づくことができるようになればいいなと思いました。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク