スーパーに行って、キャベツを買いに行きました。

旬の時期だからか、売り場にキャベツが山盛りになっています。

あまりにたくさんあるので、おいしそうなキャベツを選びたくなりました。

でも、おいしいキャベツの選び方がわからない!

大丈夫です。

おいしいキャベツの選び方についてまとめましたので、ご覧ください。

キャベツ 見分け方 おいしい

おいしいキャベツの見分け方

キャベツの葉をチェック

葉脈が左右対称で、間隔が一定のものが良いそうです。

外側の葉の繊維が太めのものを選ぶといいのだとか。

葉の緑色は濃くて、みずみずしいものが良品です。

キャベツの重さをチェック

キャベツは、見た目よりずっしりしているものがおいしいキャベツなのだそう。

巻きがしっかりとしていて、葉と葉の間に隙間がないのが良いそうです。

キャベツの芯をチェック

キャベツの芯は中心にあり、500円玉くらいの大きさのものを選びます。

それ以上の大きさだと、成長のしすぎで苦味が出てきてしまうそうです。

変色していないかをチェックし、みずみずしく白いものがよいでしょう。

スポンサードリンク

春キャベツの場合

上記は冬キャベツの場合でしたが、春キャベツの場合は見分け方が違ってきます。

春キャベツは、巻きが冬キャベツほどしっかりとしてはいません。

やわらかくて弾力性のあるものを選びましょう。

キャベツの調理法ごとの選び方

冬キャベツはしっかりとしているので、煮崩れしづらく、煮込み料理やロールキャベツに向いているそう。

一方で、春キャベツは柔らかくみずみずしいので、生食に向いており、サラダにするとよいそうです。

まとめ

おいしいキャベツの選び方、見分け方についてまとめてみました。

新鮮で、葉と葉がぴったり重なり、ずっしりと重たい冬キャベツを手に取ったら、迷わず買い物かごへ入れましょう。

芯の太さチェックもお忘れなく!

500円玉程度の大きさがおいしいキャベツですよ。

また、春キャベツの場合は冬キャベツと逆で、レタスのように柔らかいものがおいしいですから、ご注意くださいね。

以上、美味しいキャベツの見分け方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク