アスパラガスには、アスパラギン酸という成分が含まれています。

今回はアスパラガスに含まれているアスパラギン酸の由来や含量についてなど、アスパラギン酸について詳しくみていきます。

アスパラガス アスパラギン酸 由来 含量

アスパラギン酸について

アスパラガスに多く含まれている、アスパラギン酸についてみていきましょう。

アスパラギン酸の働きは?

アスパラギン酸は、アミノフェラーゼという酵素の働きでできているアミノ酸です。

20種類あるアミノ酸の中の一つとなっています。

アミノ酸は体内で合成されません。

そのため食事など外部から摂取する必要がある必須アミノ酸と、体内で合成される非必須アミノ酸に分かれます。

アスパラギン酸は、他の19種類のアミノ酸と体内で合成することが可能な非必須アミノ酸に分類されるようです。

アスパラギン酸には体調を整える効果、疲労回復効果、スタミナ増加効果、アンモニアを解毒する利尿効果、スキンケア効果があるとされています。

特に疲労回復効果があることで知られており、栄養ドリンクに含まれています。

またスキンケア効果があるアスパラギン酸は化粧品にも含まれています。

アスパラギン酸が含まれている食材は?

アスパラガスに含まれているアスパラギン酸は、アスパラガス以外にも豆類やサトウキビ、もやしに多く含まれています。

スポンサードリンク

アスパラギン酸の含量!名前の由来について!

アスパラガスに含まれているアスパラギン酸についてもっと詳しくみていきましょう。

アスパラガスにアスパラギンはどのくらい含まれているのでしょうか?

また名前の由来もみていきます。

アスパラギン酸の含量は?

アスパラガスに含まれているアスパラギン酸の量は、可食部100g当たり430mg含まれています。

他の野菜に比べるとアスパラガスに含まれているアスパラギン酸の量は多いようです。

しかし大豆もやしやれんこん、たけのこにはアスパラガスよりもアスパラギン酸が多く含まれています。

アスパラギン酸の名前の由来は?

アスパラギン酸は、アスパラガスから発見されたことにより名付けられました。

名前を聞いてアスパラガスと深いかかわりがあるだろうなと思っていた方は多いのではないでしょうか。

まとめ

今回はアスパラガスに含まれているアスパラギン酸についてみていきました。

名前が似ているなとは思っていましたが、まさかアスパラガスが由来になっているとは思いませんでした。

知識として知っておくと、一目おかれるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク