アスパラガスは調理しやすくクセのない野菜のため、人気があります。

みなさんはアスパラガスを食べる時、どのようにして食べていますか?

野菜は生で食べるのが一番栄養価が高いといわれています。

アスパラガスはどうなのでしょうか?

調べてみました。

アスパラガス 食べ方 生 栄養

アスパラガスの食べ方は?

アスパラガスはみなさんどのような食べ物で食べているのでしょうか。

アスパラガスの人気の食べ方を紹介していきます。

アスパラガスはサラダに最適!

アスパラガスはサラダに最適な食材です。

軽く下茹でするだけでOKです。

アスパラガスはクセの少ない野菜なので、他の野菜との相性が抜群です。

炒め物にも最適!

アスパラガスとベーコンのバター炒めは、アスパラガスの人気レシピです。

ベーコンと一緒にバターで炒めるだけなので、簡単に作ることができるようです。

アスパラガスとベーコンの組み合わせは、王道コンビですよね。

アスパラガスをベーコンで巻いたものも人気があります。

アスパラガスの炒め物はお弁当のおかずとしても大人気です。

スポンサードリンク

栄養価が高いのは生?

野菜は生で食べるのが最も栄養価が高いといわれています。

アスパラガスも新鮮なものであれば生で食べることが可能で、生で食べる方が栄養価が高いといわれています。

アスパラガスにはどのような栄養があるのか、そしてなぜ生で食べた方がいいのかについてみていきましょう。

アスパラガスにはどんな栄養があるの?

アスパラガスにはビタミンがたっぷり含まれています。

ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEが含まれています。

ビタミンが豊富なアスパラガスは、栄養価が高いといえるでしょう。

またビタミンだけでなくカリウムやカルシウム、鉄、食物繊維も含まれています。

アスパラガスがいかに栄養価が高いかということが分かるでしょう。

生で食べた方がいい理由

アスパラガスは生で食べることができますが、鮮度がいいものに限ります。

アスパラガスは根元を切ってから鮮度が落ちていくので、生で食べる場合は購入してすぐ食べるようにしましょう。

生で食べた方がいい理由は、野菜に含まれているビタミンは加熱することによって壊されてしまうからです。

特にビタミンCは加熱に弱いとされています。

そのためビタミンを取りたい方は生で食べることをおすすめします。

まとめ

今回はアスパラガスのおすすめの食べ方、そして生で食べた方が栄養価が高いということが分かりました。

ぜひアスパラガスを食べる時は、生でそしておすすめの食べ方で食べてみてください。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事