アスパラガスの缶詰があります。

缶詰は手軽に食べることができるので、利用しているという方は多いのではないでしょうか?

そこで今回はアスパラガスの缶詰に栄養はあるのかなど缶詰のアスパラガスについてみていきましょう。

アスパラガス 缶詰 栄養

アスパラガスの缶詰って?

アスパラガスといえば、グリーンアスパラとホワイトアスパラがあります。

しかし缶詰にはホワイトアスパラしかありません。

それはなぜなのか知っていますか?

まずはアスパラガスの缶詰についてみていきましょう。

なぜホワイトアスパラだけなの?

アスパラガスの缶詰にはホワイトアスパラを使用したものしかありません。

グリーンアスパラで缶詰を作ることはできないのかですが、缶詰を作るためには高温加熱処理を施す必要があるんだそうです。

この高温加熱処理を行うとグリーンアスパラの緑色が抜けてしまい見た目が悪くなってしまうんだとか。

そのためアスパラガスの缶詰には、ホワイトアスパラのみ使用されているようです。

スポンサードリンク

アスパラガスの缶詰の栄養は?

ホワイトアスパラの缶詰に栄養はあるのでしょうか?

まずはホワイトアスパラにどのような栄養があるのかみていきましょう。

ホワイトアスパラの栄養は?

グリーンアスパラはたっぷり日光を当てますが、ホワイトアスパラは新芽が日光に当たらないようにして育てます。

そのため、グリーンアスパラに比べるとビタミンはやや少ないようです。

しかしたんぱく質やアスパラギン酸、カリウム、ミネラルは含まれています。

缶詰の場合栄養価は落ちる?

缶詰にすると栄養価が落ちるのではないかと思われるかもしれません。

しかし缶詰として加工してもホワイトアスパラの栄養分は落ちることはありません。

そのため缶詰でも、充分にホワイトアスパラの栄養を摂取することができるといっていいでしょう。

缶詰はどう食べる?

缶詰は下茹でをする必要がなくそのまま食べることが可能です。

そのままサラダに、つぶしてスープにすることができます。

缶詰のホワイトアスパラは、手軽にホワイトアスパラを食べることができます。

下茹でや処理が面倒な方には缶詰がおすすめです。

まとめ

今回はアスパラガスの缶詰についてみていきました。

グリーンアスパラの缶詰がないのはなぜなんだろうと思っていた方もいるかもしれません。

しかし納得しましたね。

また缶詰でも充分に栄養を摂取することができることが分かりました。

缶詰は調理しやすいというメリットがあります。

ぜひ普段の料理に取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事