トマトやピーマンには万能の栄養素があることはよく知られていますが、

普通のピーマンよりも、パプリカの方が何倍もの栄養素があるということは知っていましたか?

今回はパプリカについて調べてみました。

パプリカ ピーマン 肉 効果

パプリカの栄養素

ピーマンには、緑ピーマンと赤ピーマンがあります。

赤ピーマンとは緑ピーマンが完熟したもので、皮が柔らかくなり甘味が増します。

また、パプリカには、緑、黄、赤、オレンジと豊富な色があり、肉厚で、丸みがあります。

栄養素にはどのような違いがあるのでしょう。

パプリカは万能の栄養素があると言われているピーマンよりも増して栄養価が高いのです。

まず、ビタミンCはピーマンのおよそ2倍。

またβカロチンは18倍という含有量を誇ります。

さらに、ビタミンEは5倍の量です。

パプリカの効果

これだけたくさんの栄養素があるパプリカですのでその効果も絶大です。

血中コレストロール血の改善、血行促進、毛細血管の強化、

抗アレルギー作用、発ガン抑制作用、疲労回復、美白・美肌効果、

生活習慣病の予防、(高血圧、脳梗塞、心筋梗塞など)、

ダイエット効果などが、主な効果と言われております。

スポンサードリンク

パプリカの調理法

パプリカに多く含まれているビタミンCは、熱に壊れやすく水に溶けやすい性質があります

ですから、基本的には生食でサラダにしたり、スムージーにしたりして、

そのまま頂くことが一番効率良く無駄なくパプリカの栄養をとることができます

パプリカはピーマンと比べ、苦味も少なく、肉厚なので食べがいもあります。

ただし、いつも生食というのも飽きてしまいますね。

パプリカに含まれているカロテンは

油の一緒に調理すると身体に摂取されやすくなる効果があるので、

オリーブオイルを合わせて炒めるなどすると良いでしょう。

まとめ

ピーマンよりも肉厚で、たくさんの栄養素で効果が期待できるパプリカ。

いろいろな色があり、お料理のバリエーションも豊富ですので、

是非パプリカ利用して、健康に役立てたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク