アスパラガスは、様々な調理法でおいしく食べることができる食材です。

特にベーコンと一緒に炒めるとおいしいですよね。

みなさんはアスパラガスを炒める時に下茹ではしますか?

そこで今回は、アスパラガスに下茹でが必要かどうかについてみていきましょう。

アスパラガス 下茹で 必要

下茹では必要?

アスパラガスに下茹では必要なのでしょうか?

下茹ではなぜするのか

そもそも下茹でをなぜ行うのか知っていますか?

下茹では食材を柔らかくしたり、アクを抜く効果があります。

葉野菜などはさっと下茹でするだけで大丈夫ですが、大根や牛筋肉などの火が通りにくいものはじっくり下茹でしていく必要があります。

アスパラガスには必要?

ではアスパラガスに下茹では必要かどうかをみていきましょう。

アスパラガスは下茹でしなくてもおいしく食べることができます。

なぜならアスパラガスは火を通し過ぎると表面の硬い部分と中の柔らかい部分との差が激しくなり食感が悪くなってしまうからです。

そのため下茹ではおすすめしません。

スポンサードリンク

アスパラガスを調理する時のポイント

下茹でする必要がないアスパラガスですが、調理方法によっては下茹でした方がいい場合もあるようです。

そこで調理する時のポイントを紹介していきます。

アスパラガスをおいしくいただきましょう。

下茹でした方がいい場合

アスパラガスをベーコンで巻いたアスパラベーコンを作る場合は、アスパラガスは下茹でした方がいいでしょう。

ベーコン巻き料理を作ったことがある方は分かるでしょうが、巻かれた食材は火が通りにくいです。

そのため事前に下茹でしておくと、巻いたベーコンに火を通すだけでいいのですぐに完成させることができます。

またシチューやスープに入れる場合も下茹でした方がいいでしょう。

下茹でする場合は、下処理を行ってから下茹でするようにしましょう。

下処理は根元の硬い部分、そしてはかまをを取り除いていきます。

固いのが苦手な方は皮をむいておくといいでしょう。

下茹でする時のポイント

アスパラガスを下茹でする時は、さっと茹でるようにしましょう。

火を通しすぎてしまうと、表面と中の柔らかさに差が出てきてしまい、アスパラガスのおいしい食感でなくなってしまいます。

アスパラガスを下茹でするときれいな濃い緑色になります。色が濃くなったらすぐに下茹でを終えるくらいでちょうどいいのでしょう。

まとめ

今回はアスパラガスに下茹でが必要かどうかについてみていきました。

必ず下茹でしなければならない野菜ではありません。

しかしレシピによっては、下茹でした方がおいしく食べることができるものもあるようです。

せっかくのアスパラガスなのでおいしく調理して下さいね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク