アスパラガスにははかまと呼ばれる部分があります。

今回はアスパラガスのはかまについて紹介していきます。

また同時に、アスパラガスの下処理についてもみていきます。

下処理とははかまを取ることでしょうか?

調べてみました。

アスパラガス はかま どこまで

アスパラガスのはかまってどこ?

アスパラガスのはかまってどの部分のことをいうのか知っていますか?

はかまはここ!

アスパラガスのはかまは、茎にたくさんある三角の部分です。

このはかまには苦み成分があるので、食べる時に下処理として取り除くことが多いのです。

アスパラガスにはかまはたくさんあります。

もちろん大きなアスパラガスにはたくさんのはかまがついています。

全てのはかまを取り除いていくので、取り除く作業はなかなか手間がかかります。

アスパラガスの下処理はどこまで?

アスパラガスの下処理は、根本近くの硬い皮をむきます。

その後このはかまを全て取り除きます。

アスパラガスはこの下処理をしっかりしないといけません。

下処理をしなくても食べることはできますが、固くて食べずらかったり苦かったりします。

スポンサードリンク

アスパラガスのはかまの取り方

下処理の時にすべてのはかまを取り除きます。

ここではアスパラガスのはかまをどのようにして取り除いていくのかみていきましょう。

コツを覚えてしまえば面倒な下処理もスムーズにできるようになるかもしれませんよ。

包丁?ピーラー?

はかまは包丁やピーラーで取り除いていきます。

どちらの方が取り除きやすいかは好みでしょう。

しかしはかまは根元に近くなればなるほど固くなります。

固いはかまは包丁よりもピーラーの方が取り除きやすいでしょう。

ピーラーなら簡単に全部のはかまを取り除くことができるので、お子さんと一緒にやってもいいですね。

野菜の皮むきよりも簡単かもしれません。

しかし固い根元には注意してあげて下さいね。

根元だけでもOK

アスパラガスの皮は根本だけむくのが一般的です。

なぜなら根元の皮は固くて食べにくいからです。

同じようにはかまも根元に近いはかまは固くて食べにくいです。

そのため皮をむく時に一緒にはかまも根元の方を取り除いてしまえばすぐに下処理を終えることができます。

葉先に近い方のはかまは苦みはありますが、固くないので食感が気になるということはないでしょう。

下処理は面倒なので、簡単にできる方法でぱぱっと終わらせるのが正解です。

まとめ

今回はアスパラガスのはかまについてみていきました。

どこまで下処理するのかについて、また下処理の簡単な方法も紹介しています。

ぜひ覚えておいて下さいね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク