トマトは家庭菜園でも作りやすいことで、人気の野菜です。

そのため、気軽に栽培して自家製トマトの味わいを満喫している人も多くなっていますね。

しかし、食べていて皮が厚い、かたいと感じることもあるでしょう。

そうなってしまう理由を知り、対処法を行ってみてはいかがでしょうか?

トマト 皮 厚い かたい 理由

家庭菜園用のトマトの皮が厚くかたくなる理由

実は、これには確かな理由があります。

家庭菜園用のトマトは、素人が栽培しても皮がむけて失敗することがないようにするため

皮が厚い品種が多く出回っています

また、もう一つの理由として成長の速度が関わっています。

あまりにもゆっくりとしたペースで成長させると皮はかたくなり、

さらに厚くなってしまうのです

逆に、早く大きくなるように成長を促すようにすれば、トマトの皮やわらかくなります。

皮の薄い品種のトマトを選んでみる

トマトを苗から栽培するときに、

園芸店などで皮の薄い品種が取り扱われているかどうか尋ねてみましょう

品種を多く取り扱っている園芸店やホームセンターなどでは入手しやすくなります。

しかし、皮が薄いトマトは、それだけ育て方も難しくなるので、

雨避けを予め準備をするなどの管理の注意はもっと必要になって来ます

スポンサードリンク

肥料と日光、水分を考慮して成長速度を上げる

できるだけ早く成長をさせるためには、まず、土や肥料の管理が重要です。

成長速度が遅い時には、有益な肥料を定期的に与えるようにしましょう

また、日光がよく当たることが欠かせません。

そのため、事前に苗を植える時から日当たりの良い場所を選ぶようにするのが賢明です。

さらに、水の調整も重要で、水分を多くすると甘くなるだけではなく、

成長の速度が上がってきます

自分なりにこれらの3つを調整することで、

甘みもあり皮の薄いトマトを栽培することが出来るようになります。

まとめ

家庭菜園で気軽に栽培できるトマトは、代表的な夏野菜として人気があります。

もっとトマトの栽培で成長を早くする注意点を知れば、

より皮も柔らかく薄くて美味しいトマトを味わえるようになり楽しみも倍増しますね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク