アスパラガスには、雄株と雌株があるようです。

全部同じように見えるので、気にならない人は多いのではないでしょうか。

でも、アスパラガスを食べるなら、美味しいアスパラガスを食べたいですよね。

アスパラガスは雌株の方が栄養価が高くて美味しいのです。

アスパラガスの雄株と雌株の見分け方ってあるのでしょうか?

その見分け方について調べてみました。

アスパラガス 雄株 雌株 見分け方

スーパーで見かけるアスパラガスは雄株が多い

アスパラガスは雌株よりも雄株の方が細いです。

雌株の方が太くてしっかりとしたアスパラガスをしています。

アスパラガスを収穫する際には、雄株の方が比較的に多く採ることが出来、太さが一定になっているものが採れるといった理由からスーパーでは雄株のアスパラガスを見かけることが多いと言われています。

また、雄株は太さが一定のものが採れるので、収益につながりやすいのも理由として言われています。

雄株よりも、雌株の方が数が少なく、貴重なようです。

スポンサードリンク

アスパラガスの雌株は栄養満点

アスパラガスは雄株よりも雌株の方が栄養価がたっぷりだと言われています。

雌のアスパラガスは、雄のアスパラガスに比べて収穫が少ないと言われており、栄養価はたくさん詰まっていると言われています。

特に女性には嬉しいビタミンCが豊富だと言われています。

しかし、残念ながら、スーパーに行ってアスパラガスの雌株を見ることはめったにありません。

もし出会えたら、すごくラッキーですね。

まとめ

アスパラガスには、雄株と雌株があります。

どちらかを見分けるには穂先を見て判断するのがおススメだと言われており、穂先が筆のように隙間があるのが雄株。

穂先が締まって丸っぽいのが雌株だと言われています。

アスパラガスの雌株には雄株に比べて栄養価がたっぷり含まれており、特にビタミンCは豊富に含まれていると言われています。

残念ながら市場では雄株のアスパラガスがほとんどだと言われていますが、スーパーで、雌株のアスパラを見つけた際には、ぜひ購入してみましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事