アスパラガスはユリ目ユリ科アスパラガス属に所属する、地中海東部原産の植物です。

柔らかくゆでたり、傷めたりして食べることが出来る他、加工食品として、缶詰として売られているアスパラガスもあります。

アスパラガスと一言でいっても、いろいろな種類のアスパラガスがあるんですよ。

アスパラガスの種類と、それぞれの特徴について調べてみました。

アスパラガス 品種 特徴

アスパラガスの定番!グリーンアスパラガス

アスパラガスと聞いて一番思い出すのが、グリーンアスパラガスなのではないでしょうか。

日本では最も多く流通されており、アスパラガスと言えば、通常ではグリーンアスパラガスを指すと言われています。

缶詰にも多く使われているホワイトアスパラガス

アスパラガスと聞いて思い出すものとしても知名度は高いと思います。

グリーンアスパラガスと同じ品種を栽培する際に、日が当たらないように育成するとできます。

ヨーロッパでは、通常のアスパラガスと言えば、グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスを指します。

日本よりも、ホワイトアスパラを食べる頻度は高いようです。

グリーンアスパラガスに比べると苦みやクセがないので、子供が好むような野菜としても人気があります。

スポンサードリンク

アスパラガスの品種にはどのようなものがある?

アスパラガスの品種と聞かれると、聴きなれない品種ばかりだと思います。

ガインリム

グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスの両方で栽培されているのが特徴です。

また、低温でも発芽しやすいのも、ガインリムの特徴なのです。

UC157

世界各国で栽培されているアスパラガスです。

アメリカ合衆国のカリフォルニア州で育成された品種です。

ウエルカム

グリーンアスパラガスの一種で、サビ病などに強いことが特徴だと言われています。

まとめ

アスパラガスの種類や品種は、これらの他にもたくさんあるのですが、代表的なものを上げてみました。

グリーンアスパラガスやホワイトアスパラガスは何度か食べたことがあるという人も多いと思いますが、アスパラガスには紫色をしたものもあるんですよ。

スーパーであまりお目にかかることが出来ないものだと思うので、もし見かけたら、ぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク