アスパラガスを食べると尿の臭いが変わるという話はよく聞くようです。

どうしてアスパラガスを食べると尿の臭いが変わるのでしょうか?

また、臭いが変わる人とそうでない人がいるのには何か理由があるのでしょうか?

調べてみました。

アスパラガス 臭い 成分

アスパラガスを食べると尿が臭うのはどうして?

アスパラガスを食べると、尿が臭うとよく聞きますが、それはどうしてなのでしょうか?

アスパラガスの成分が消化酵素によって分解できる化学物質によるものだと言われています。

この化学物質は以前はメタンチオールが正体だと思っていたのですが、最近ではメタンチールではないのではないかと言われるようになり、新しく定評された化学物質の可能性がチオエステルだと言われています。

チオエステルはカルボン酸と結合すると違う臭いを発生させます。

現在でも、メタンチオールかチオエステルのどちらかが原因だと言われており、その答えはまだはっきりとはしていないと言われています。

しかし、どちらかは原因だと言われています。

スポンサードリンク

尿の臭いが変わる人とそうでない人

アスパラガスを食べると尿の臭いが変わると言われていますが、変わる人と、そうでない人がいるようです。

この理由についてはなかなか解明されずにいましたが、最近はこの理由について新たな真実が判明したようです。

変わる人と変わらない人がいるのではなく、実は尿の臭いはみんな変わっていたのです。

しかし、尿の臭いの違いをかぎ分けることが出来るかどうかの違いだと言われています。

かぎ分けることが出来る遺伝子を持っている人はかぎ分けることが出来ない人よりも、少ないのだそうです。

まとめ

アスパラガスを食べると尿の臭いが変わるのは、メタンチオールかチオエステルが原因だと言われています。

そして、尿の臭いが変わる人と変わらない人がいるのではなく、尿の臭いをかぎ分けることが出来るかできないかにあると言われています。

尿の臭いが変わるのは、アスパラガスを食べてから約15分後だと言われています。

自分がかぎ分けることが出来る人なのかそうでないかを確かめてみるのも楽しいかもしれませんね。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク