アスパラガスと言えば、グリーンアスパラガスやホワイトアスパラガスが有名ですが、代表的なアスパラガスは5種類あります。

それぞれのアスパラガスにはどのような特徴があるのでしょうか。

また、それぞれのアスパラガスによってどのような味がするのでしょうか。

アスパラガス 種類 味

グリーンアスパラガス

日光に当てて栽培したもので、鮮やかな緑色をしているのが特徴です。

生で食べることはできませんが、茹でたり、炒めたり、揚げたりすることでおいしく食べることが出来ます。

食感はシャキシャキ感があり、歯ごたえが好きという人も少なくはありません。

冬アスパラガス

葉っぱがしっかりと巻かれており、重いものを言います。

他のアスパラガスに比べると水分が少ないので、ロールアスパラガスやスープのような煮込み料理に使うのがおススメです。

アスパラガスは、春の野菜としても言われていますが、冬アスパラガスは寒い時期に食べると特に美味しく感じるようです。

ホワイトアスパラガス

日光を当てずに育成させたものです。

サラダに付け合わせによく使われることが多く、缶詰でよく見かける種類です。

柔らかくてまろやかな味わいが特徴で、子供にも大人気の野菜です。

スポンサードリンク

パープルアスパラガス

アスパラガスに紫色のものがあるのを知らない人はきっと多いのではないでしょうか。

甘みが強く、加熱すると濃い緑色になるのが特徴です。

食べ方はグリーンアスパラガスと同様の食べ方をします。

ミニアスパラガス

グリーンアスパラガスを10㎝の長さで若採りしたものを言い、下処理の手間もかからずに、そのまま茹でたり炒めたりして食べることが出来ます。

まとめ

アスパラガスと言えば、グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスは思いつくと思いますが、代表的なアスパラガスは全部で5種類あり、味の特徴や食べ方など、それぞれに違いがあります。

栽培方法によっても味が変わると言われており、それぞれに魅力的な味わいを作り出すことが出来るアスパラガスとしても多くの人の人気を集めています。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク