アスパラガスを食べていて、時々筋のあるアスパラガスに当たる時があります。

固くて筋が多く、おいしく食べることが出来ないときってすごく気持ち的にもマイナスになってしまうのではないでしょうか。

美味しくて筋がないアスパラガスの見分け方はどのように行えばいいのでしょうか。

アスパラガス 見分け方 固い

芯がないアスパラガスと芯のあるアスパラガスの見分け方

アスパラガスには、芯のあるアスパラガスと芯のないアスパラガスがあるんです。

しかし、見た目ではどちらなのかわからないんです。

アスパラガスは鮮度がいいうちは筋が少なく、鮮度が低下するにつれて筋が固くなっていきます。

筋のないアスパラガスは新鮮ってことですね。

茎が太く、一定の太さでまっすぐに伸びているもの。

濃くて鮮やかな緑色で、穂先がまっすぐでしっかりとしまっているものを選ぶと、甘くて筋のないアスパラを楽しむことが出来ると言われています。

新鮮なアスパラガスは、栄養価も高く、お勧めです。

陳列方法を見てアスパラガスの鮮度が分かる

アスパラガスの陳列において最も重要なポイントは温度です。

4℃前後がアスパラの最適温度だと言われています。

陳列時に冷蔵ショーケースに置かれているか、常温コーナーに置かれているかでも、鮮度が変わってくるのです。

アスパラガスの根元を水の中に付けて陳列されていることがありますが、この方法では、アスパラガスの栄養成分が水の中に流出してしまうため、良くありません。

アスパラガスの陳列は縦に陳列していること。

アスパラガスが横に曲がらないように陳列することはすごく重要と言えるでしょう。

スポンサードリンク

固いアスパラガスをおいしく食べるにはどうすればいい?

アスパラガスは収穫してから時間がたつにつれて固くなっていきます。

固い部分は折って捨ててしまいます。

もったいないですが、この方法が最もおすすめな方法なのです。

まとめ

アスパラガスを比較して、芯があるかないかを目で見るのは極めて困難だと言われていますが、スーパーの陳列の方法を見て、新鮮かそうでないのかを見極めることが出来るようです。

スーパーに行ってアスパラガスを見つけた際には、どのように陳列されているのかをチェックすると良いですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク