シャキシャキとした歯ごたえが特徴のアスパラガス。

甘くておいしくて、調理のバリエーションもすごく豊富なんです。

春野菜としても、食卓を彩ってくれるアスパラガスには、美味しいだけではなく、たくさんの栄養も含まれています。

アスパラガスの栄養とはどのようなものが含まれているのでしょうか。

また、アスパラガスを美味しく食べるための調理法にはどのような調理法があるのでしょうか。

アスパラガス 栄養 調理法

アスパラガスにはどのような栄養があるの?

アスパラガスには栄養がすごく豊富だと言われており、代表的な栄養素として、アスパラギン酸やルチン、グルタチオンなどが含まれています。

葉酸や食物繊維、ビタミン群やミネラルなども豊富に含まれています。

アスパラガスに豊富に含まれているアスパラギン酸には、乳酸の分解を促す作用を持っているため、疲労回復の効果を期待することが出来、滋養強壮やスタミナ回復にも効果があると言われています。

他にも、美肌効果を期待することもできるようです。

スポンサードリンク

美味しく健康的にアスパラガスを食べるための調理法とは?

アスパラガスは茹でたり炒めたり、焼いたり揚げたりする方法があり、調理方法のバリエーションもすごく豊富です。

加熱してもミネラルやビタミンの成分がほとんど流出されない魅力がアスパラガスにはあるのです。

ただ、茹でることによってルチンが水に溶けやすくなるので、食べる時には、茹でる方法よりも、炒めたり焼いたり、揚げるなどで調理をすることがいいと言われています。

油分やお肉の脂肪分などと一緒にとることによって、ベータカロテンの吸収率をアップすることが出来るのも特徴とされています。

まとめ

アスパラガスにはアスパラギン酸をはじめ、ルチンやグルタチオンなどが主な栄養素になっています。

その他にも、人間に必要不可欠な栄養素をたくさん摂取することが出来、すごく魅力的な野菜として言われています。

調理法についてはバリエーションが豊富で、茹でてもビタミンやミネラルが流れることがないのです。

でも、茹でることによってルチンが流れてしまうので、茹でる方法以外の調理法がおススメです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク