トマトは1年を通してスーパーや八百屋さんに並び、いつでも手に入る食材です。

お料理方法も様々で、そのまま生でサラダにしたり、パンにはさんだり、

もしくは煮込んだり、炒めたり、焼いたりと、万能な食材です。

ところでトマトは一年中作られているのでしょうか?

値段はどうやってきまるのでしょうか。調べてみました。

トマト 高い 日本 なぜ 理由 冬

トマトの生産はいつ?

トマトは夏の強い太陽の光をたくさん浴びて真っ赤に育つお野菜、

というイメージが強いのですが、実は高温多湿を嫌うトマトは、秋と春が旬なのです。

トマトの原産地アンデス地方の気候に一番近くなる春は、一番美味しいと言われています。

高温多湿なトマトは日本の乾燥した春が心地よく、高糖度な身を成らせてくれます。

トマトの生産地は?

トマトの生産地を調べてみると、一年を通して生産している地域も多々ありますが、

全国的に見ると、夏秋にかけて生産しているのは東北から関東地方

冬春にかけては中部から九州にかけての生産が主なようです。

こうしてみると、日本では一年を通してトマトの生産がされており、

安定した供給があるようです。

スポンサードリンク

トマトの価格は?

トマトは一年を通しての供給があることはわかりましたが、生産量には違いがあるようです。

トマトは、高温を嫌うものの、昼間は25℃〜30℃、

夜は10℃から15℃というのが生育適温。

それに応じることのできる6月には最安値となり、

9月に入ると朝夕の気温の低下に伴い、入荷量が減少することから、

値段は高値となります。

また、台風や冷夏などの気象災害によって、値段の変動があることがあります。

まとめ

「トマトが赤くなると医者が青くなる」という西洋のことわざがあるように、

トマトには様々な効能があり、栄養価が高いため、

1年を通して食べたい食物の一つですね。

多少の値段の変動があるものの、

品質や生産方法の研究により1年を通して食べることのできるトマト。

日本はとても恵まれていると言えますね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク